« 東京あんプリン@花園饅頭 | トップページ | 変わった缶飲料たち@ダイドー »

長崎ちゃんぽん@リンガーハット

110205

ちゃんぽんは、長崎が発祥と言われてます。

長崎の他に天草地方などにも専門店が多いらしいです。

ラーメンとの最大の違いは、ラーメンは麺を茹でて、丼に入ったスープに入れますが、ちゃんぽんは、スープと一緒に煮込みます。

だから、少し太い麺を使っています。

しかし、このブログのカテゴリは、ラーメンですが・・・(^^;

110205_1

九州地方の長崎を中心として食べられていたちゃんぽんを関東圏に広めたのが、このリンガーハットです。

彩の国在住のたかちには、慣れ親しんだお店なんですが、群馬には一軒も店舗がないんです。

全国区かと思いきや、入り込めていない地方がたくさんあるようです。

一時低迷していた業績も、『たっぷり野菜のちゃんぽん』が売れたことにより、V字回復しました。

そんなわけで、お昼を外したつもりでしたが、席につくまで15分くらい待たされてしまいました。

110205_2

リンガーハットに来ると必ず迷うのが『皿うどん』にすべきか『ちゃんぽん』にすべきかです。

本当は、どっちも食べたいんです。

で、今回は、かぱちも鶴ばばもいたので、ミニ皿うどんも頼んじゃいました。

これに特製ソースをぶっかけて食べます。

110205_1_2

実は、たかちは、今まで特製ソースをかけずに食べていたのですが、この日はかぱちがサーッとソースをかけてしまいました。

『なにするんだよぉ~!』って内心思ったのですが、食べてみてビックリ!!!

ソースをかけたほうが数倍おいしかったです。

110205_3

かぱちと鶴ばばは、ミニちゃんぽんと餃子のセットでした。

餃子の皮が薄くて、おいしい餃子でした。

110205_4

たかちは、長崎ちゃんぽんとミニチャーハンのセットにしました。

リンガーハットでは、麺の量が選べますので、1.5倍にしてもらいました。

110205_5

チャーハンは、独特の黄色味がかった色をしていますが、味はいいです。

パラパラ感もたかち好みでした。

110205_6

さて、本命のちゃんぽんですが、むかーし食べたリンガーハットのちゃんぽんて、もっと味が濃かった気がするんです。

製法も、手づくりから、グルグル回る大きなお釜に野菜類の具を入れて、オートメーションで炒めたり、麺とスープを小鍋に入れ、レンジにかけると、35秒毎に自動的に鍋をスライドさせて何工程かすると麺も煮上がる仕組みになっています。

110205_1_3

確かに、オートメーション化すれば、製法が均一化するとは思いますが、何か昔とは味が変わってしまったように感じました。

少し前に鶴ヶ島インター近くのお店で食べたときにも、同じ感想を抱いたので、多分昔食べたリンガーハットの味とは変わったのだと思います。

たかちの味覚が変化しただけなのかなぁ・・・

決しておいしくない訳ではないのですが、味の奥深さがなくなってしまった印象があります。

|

« 東京あんプリン@花園饅頭 | トップページ | 変わった缶飲料たち@ダイドー »

ラーメン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524405/50846843

この記事へのトラックバック一覧です: 長崎ちゃんぽん@リンガーハット:

« 東京あんプリン@花園饅頭 | トップページ | 変わった缶飲料たち@ダイドー »