テーマパーク

インスタントラーメン発明記念館@池田

130224_1

大阪にいるうちに、前から行ってみたかった『インスタントラーメン発明記念館』に行ってきました。

ここは、池田市にある日清食品のインスタントラーメンとカップラーメンのことが学べる博物館です。

130224_3

これは、インスタントラーメンができたころの昭和チックな建物です。

130224_4

チキンラーメンの誕生がわかるテーマゾーンもあり、チキンラーメンのかわいいマスコットが出迎えてくれました。

130224_12

カップヌードルの誕生秘話が15分程度のアニメーションにまとめられていて、よく理解することができました。

『逆転の発想』です。

意味が知りたい方は、是非訪ねてみてください。

130224_14

ここでは、世界に1つしかない、カップヌードルが作れます。

具材、味、パッケージが自分の好みにできます。

1個300円なので、超人気でした。

できるまでに2時間近くかかってしまうので、断念しました。

130224_17

2階では、予約制でチキンラーメンを作ります。

この日も中では作成中でした。

ガラス越しに、中の様子が見られます。

130224_18

ジオラマなんかもあります。

130224_16

最後にここで有料なんですがカップラーメンの試食ができます。

通常では食べられない『地域限定商品』が食べられます。

130224_15

イートインスペースも満席でお待ち状態だったので、4種類くらいご当地商品を買ってしまいました。

P1070288_1024x768

一部パッケージのみご紹介しますね。

その内、個別にご紹介しますよ。

130224_21

最後にカップヌードルの生みの親である『安藤百福』の銅像で締めくくります。

一度行ってみてもいいところだと思いました。

インスタントラーメン発明記念館のHP

http://www.instantramen-museum.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お花見&ライトアップ&ライブ@栗林公園

120330_4

一番最初の高松ネタは、一度は訪れたい公園として、ミシュランの3つ星がついた栗林公園です。

栗林公園の起こりは、16世紀後半、元亀天正の頃、当地の豪族佐藤氏によって、西南地区(小普陀付近)に築庭されたのに始まるといわれ、寛永年間(1625年頃)に、当時の讃岐国領主・生駒高俊(たかとし)公によって南湖一帯が造園され、現在の公園の原型が形作られました。
 その後、寛永19年(1642年)生駒氏の転封に伴い入封した初代高松藩主・松平頼重(よりしげ)公(水戸光圀公の兄君)に引き継がれ、さらに100年以上経た延享2年(1745年)、5代頼恭(よりたか)公の時に、園内六十景命名をもって完成しました。以来歴代藩主が修築を重ね、明治維新に至るまでの228年間、松平家11代の下屋敷として使用されました。
 明治4年(1871年)高松藩が廃せられ、新政府の所有となり、明治6年1月公布された「公園に関する太政官布告」に基づいて明治8年(1875年)3月16日に県立公園として一般に公開されるようになり、さらに昭和28年3月には、文化財保護法による「特別名勝」に指定され、今日に至っています。(栗林公園のHPより)


120330_5

今年は転勤になってしまい、引っ越しで花見どころではないと思っていたのですが、歩いて行ける距離に栗林公園があり、さらにソメイヨシノの名所で、夜桜のライトアップまでやっているじゃあないですか!

120330_6

そりゃあ行ってみようと思い出かけました。

行きはバスに乗って行きました。(あれっ?歩いて行ける距離じゃなかったの?)

120330_10

園内の桜はまさに満開!

さらに花びらが全く散ってないんです!

120330_9

少し暗くなってきちゃったので、きれいにさくらが撮れなかったのですが、まさに満開です!!!
120330_13

栗林公園は桜だけじゃないです。

このように庭園式の公園です。

120330_19

こんな太鼓橋もあります。癒されます。

園内をゆ~っくり散策しました。

120330_21

大きな池もあって、鯉が悠然と泳いています。

120330_22

ほらっ!写真で見てもいい感じでしょ?

120330_24

いよいよあたりが暗くなってきました。

120330_25

桜の木の下では宴会が真っ盛りでしたよ。

火気は厳禁みたいですが、アルコールはOK。

120330_26

商工奨励館では、清酒が販売されていましたよ。

120330_29

夜の帳がおりると、桜のライトアップが映えてきます。

超キレイです。

120330_30

遠くから見るとこんな感じです。

絶対に見る価値アリアリです。


120330_32

枝振りのいい松の木もライトアップされています。

派手さはないですが力強く、質実剛健て感じがしますね。

120330_35

ライトアップされた商工奨励館の横でJAZZライブがありました。

120330_33

19時からということで、席を取って待つことに。

120330_34

ただ待っていても仕方がないので、あったかいワンカップのお酒と焼き鳥で花見酒しながら待つことに・・・(^^)/♪♪♪

120330_38

19時と20時から各30分のJAZZライブが開催されました。

Smile、Fly me to the moonなどを熱唱!

最後は松任谷由実の春よ来いでした。

あっという間の30分でした。

120330_41

入園料は大人1名400円です。

高松市民になった鶴ばばは、65歳以上なので無料でした。

大満足の栗林公園でした。

大阪時代の箕面の滝の代わりになるかも!

帰りはお家まで歩きました。

栗林公園のHP

http://ritsuringarden.jp/jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夢コスモス園@亀岡(10/12)

121021

かぱちはコスモスが大好きなので、亀岡までコスモスを見に行ってきました。

亀岡運動公園の近くで毎年開催している『夢コスモス園』です。

121021_1

コスモス畑に行く前に腹ごしらえをします。

なんと言っても『花より団子』なんですもん(^^;

121021_2

随分秋らしくなってきたとは言え、この日も日中日向にいると汗ばむ陽気です。

子供たちは『かき氷』をじいちゃんやばあちゃんにねだって買ってもらってました。

121021_2_2

たかちは1折500円で『松茸ご飯弁当』を購入。みそ汁まで付いてます。

松茸ご飯の素を使って炊き上げた感じです。たかち的にはご飯が柔らかすぎました。

121021_3

かぱちは、入口近くで販売していた『釜戸で炊いた松茸ご飯弁当』です。

121021_1_2

たかちが買った松茸ご飯より豪華そうです。こちらは600円でした。

121021_2_3

おこげが香ばしい・・・と言うよりは、少し焦げ臭い感じですが、釜戸炊きと言うことで許しましょう。

121021_3_2

見た目『松茸はどこ?』って感じですが、こちらの弁当は、細かいながら生の松茸を使っている感じがしました。

ご飯も固めでたかち好みでした。すだちの皮も少し入っていて爽やかな印象を与えてくれました。

121021_4

こちらの『鶏のから揚げ』は1パック300円です。

よくタレに漬け込んでから揚げてあるので、中までしっかり味が付いています。

揚げたてなので、胸肉なんですが、とってもジューシーに仕上がっていて、とてもおいしかったです。

食べる価値アリですよ。

121021_5

から揚げと同じお店で販売していた『だし巻き玉子』です。

これも1パック300円でした。

ほんのり甘く、ダシも効いていたし、ふっくら焼き上げてあるので、これまた美味!

121021_6

鶴ばばは350円で、大好物の『焼きとうもろこし』を購入。

でも、三人で松茸ご飯弁当2つとから揚げとだし巻き玉子まで食べたので、とうもろこしは晩ごはんの後食べました(^^;

121021_16

さぁ、少し遅めのお昼を取ったので、コスモス畑を見てみましょう!

コスモス畑に入る時点で、入場料大人600円を払います。

121021_23

色(種類)ごとに分けて植えてあるので、色のグラデーションも鮮やかです。

121021_24

今年は、猛暑だった上に、いつまでも残暑が厳しかったので、10月初旬には殆ど咲いていない状態だったみたいですが、やっと見頃を迎えた感じです。

121021_19

黄色いコスモスは珍しいです・・・?(たかちはあんまり花に詳しくないもんで・・・(^^;)

121021_21

画像だとピンクっぽく見えてしまうと思いますが、実際にはオレンジ色っぽいピンクです。

世界初のオレンジ色のコスモスなんだそうです。

121021_25

その他コスモス以外の花もきれいでしたよ。

121021_27

八重系のコスモスです。こちらは普通のコスモスに比べてゴージャスな感じがします。

121021_30

畑の真ん中に『見晴台』が設置されていたので、そこからパチリ。

ものすごい数のコスモスですね。整然と色分けされていて、バックの山々との相性もバッチリです。

121021_26

コスモスに感動しましたが、ユニークな案山子もたくさん展示されていて、コンテストも開催されています。

最後に投票できます。お気に入りの案山子のナンバーを覚えておいてくださいね。

で、トップバッターはコスモスならぬ、なでしこジャパンの『澤 穂希』選手です。

121021_31

こちらは、フィギュアスケートの『浅田真央』ちゃんです。

顔の特徴をよく摑んでますね。

121021_32

『イモトアヤコ』さんです。マンガチックですが、これも上手にできていますね。

121021_35

これも一目瞭然『黒柳徹子』さんですね。

トレードマークの髪型の他、目が似てると思います。

121021_36

極めつけは『マツコデラックス』さんです。

大きさ的にも目立ってました。

121021_37

お腹も目も満たしてくれた『亀岡の夢コスモス園』でした。

11/4まで開催されているとのことです。来週末も見頃は続くと思います。

コスモスに囲まれてみませんか?

亀岡『夢コスモス園』のHP

http://www.kameoka.info/feature/cosmos/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

魚を堪能@海遊館

120708_3

10年ぶりくらいに海遊館に行ってきました。

120708_3_2

前回来たときは、どんな感じだったのか、外観とか、天保山マーケットプレースがあったのかなかったのかも記憶にありませんが、とにかく海遊館の巨大な水槽にジンベイザメやマンタが悠然と泳ぐ姿をソファーに座って1時間くらい眺めて、とても心が癒された記憶だけが鮮明に残っています。

120708_7

海の中を散歩しているような水槽のトンネルを抜けると、水族館の始まりです。

120708_27

いきなりですが、カピバラさんに癒してもらいました。

なんとも愛嬌のある顔です。

120708_10

巨大水槽では、マンボウが泳いでいます。

120708_12

ナポレオンフィッシュも悠然と泳いでいます。

120708_15

シュモクザメです。どのような進化の下、このような顔立ちになったのでしょうか?

120708_16

マンタもきました。これもヒレを羽根のように羽ばたかせて、悠然と泳いでいます。

120708_28

この巨大な水槽は、アクリルなのかガラスなのか覚えてませんが、こんなに分厚い素材で作っているんですねぇ。

確かにこのくらい厚さがないと、水圧に耐えられないのでしょうねぇ・・・

120708_34

最後に色々なクラゲを鑑賞しました。

このクラゲもゆったりとしていていいんですよねぇ。。。

でも、あまりにも動きが遅いものだから、水槽内に水流をつくり、クラゲさんはグルグル泳がされてました。目が回らないのかなぁ・・・

てな訳で、のんびり魚たちを鑑賞して来ました。

海遊館のHP

http://www.kaiyukan.com/index.html

| | コメント (2) | トラックバック (0)

舞子海上プロムナード@明石

120624_2 

先日、明石海峡大橋の本州側袂にある『舞子海上プロムナード』に行ってきました。

本当は『橋の科学館』に行こうと思ったのですが、橋の科学館はあんまり楽しそうではなく、逆にプロムナードの方が景色も良さそうだったので、現地に着いてから予定変更です。

120624_4 

入口はこんな感じです。大人1名300円です。

日曜日のお昼近くに行きましたが、そんなに混んでなく穴場です。

120624_5 

入口を入ると、エレベータで一気に8階(47m)まで一気にGO!

120624_7 

いきなり回廊を歩きます。高所恐怖症の方は、この時点でダメかも・・・

120624_9 

眺めはこんな感じです。冬の晴れた日などは、もーっと遠くまで見渡せるんでしょうねぇ。

120624_16 

ここが地上47mの丸木橋です。画像右側に固定された木製の橋があり、床がガラス張りになっているので、丸木橋の上を歩いているような感覚になれます。

120624_21 

床がガラス張りになっているところは、プロムナードにもう一ヶ所あり、ここはこんな感じで、海の上を歩いている感じが体験できます。

もちろん、強度は十分あり、たかちが乗っかっても割れることはありませんでした(^^;

120624_18 

このプロムナードは明石海峡大橋の下にあって、本州側から僅かではありますが、150mほど海の上に突き出た感じです。

この画像は、橋の下に敷設されている点検や工事用の車も通れる道です。

肉眼で補足した限りでは橋の下をずーっと見えなくなるまで続いているようで、もしかしたらこのしたの橋でも淡路島まで行けるのかも・・・

結構スリル満天でしょうなぁ・・・

120624_1

たまには、明石海峡大橋を下から見物してみては如何ですか?

120624

この日も、見学を終えて地上に戻ると、橋をバックに若いタレントさんが旅番組なのか、地域情報番組なのかわかりませんが、撮影していましたよ。

舞子海上プロムナードのHP

http://www.hyogo-park.or.jp/maiko/contents/sisetsu/area_prom.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

荒牧バラ公園@伊丹

120526

5月19日に『荒牧バラ園』に行ってきました。

120526_2

関西エリアでも結構大きいバラ園との前評判。

さすがに見頃は少し過ぎていましたが、それでもものすごい数のバラが咲いています。

120526_14

この殆どがバラですよ!

バラ園の真ん中は大きな広場になっていて、ボール投げなど楽しめます。

中にはテントを張っている人も。

120526_10

ピンクっぽく見えますが、紫色っぽいバラです。

サントリーが開発した『青いバラ』もこんな感じの色なんでしょうかねぇ・・・

120526_25

違うアングルから段々になっているバラ園を撮影してみました。

本当にきれいです。

120526_8

今度は純白のバラです。

なんか清楚な感じがします。

120526_29

水が流れています。入口から一直線です。本当にすごいバラ園です。

120526_9

今度はピンク。可愛いですね。なんか柔らかい感じです。

120526_37

盛りは過ぎても、これだけ咲いていれば見ごたえがあります。

120526_23

このバラも紫と言うか、ピンクと言うか、青と言うか・・・

見入ってしまいました。

120526_38

老若男女が楽しめるところだと思います。

120526_43

やっぱりバラは『赤』ですね。情熱的です。

花だけに『華』があります・・・

120526_45

さっきは頂上から見下ろして撮りましたが、今度は入口付近から見上げて撮ってみました。

120526_48

こんなオレンジのバラもあります。

結構、バラは香りがあります。バラの香りに包まれながら園内を散策すると、とてもリラックスした気分になりました。

120526_49

最後は黄色です。

しかし、バラには刺さると痛い棘があります。

このバラ園には行ってみる価値ありですよ。

バラは年二回花が咲きますので、今度は秋に行ってみるべし!

荒牧バラ公園のHP

http://www.itami.or.jp/kankou/natural/rosepark.html

| | コメント (2) | トラックバック (0)

広島旅行2日目@てつのくじら館

12042981_1

16時過ぎに『てつのくじら館』に向かいます。

正式名称は『海上自衛隊呉史料館  てつのくじら館』です。

大和ミュージアムの目の前です。

目的は、この潜水艦(鉄の鯨)の内部見学です。

12042981_3

まずは、潜水艦について色々と展示品を見ながら学習します。

12042981_4

親子連れやカップルが多かったです。

12042981_5

潜水艦の模型ですが、こんなに種類があるとは思いませんでした。

12042981_8

さぁ、いよいよ潜水艦の内部に潜入です。

12042981_12

三段ベッドなんですが、スペースが狭いですよね。

ほんともぐりこんで寝るって感じです。

12042981_14

潜望鏡です。潜水艦は非日常的ですが、潜水艦の装置で知ってるものと言われてまず思いつくのはこの潜望鏡ではないでしょうか?

12042981_15

あまり知られていないのが、この操縦席ですかね。

2名で操縦しているみたいです。

飛行機のコクピットみたいですね。

いやぁ、お役所なので、17時閉館でしたので、駆け足で回りました。

この2日間戦争と平和について、何回も考えさせられました。

てつのくじら館のHP

http://www.jmsdf-kure-museum.go.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

広島旅行2日目@大和ミュージアム

12042979

とびしま海道から帰ってきました。

呉は造船の街で、海上自衛隊の港もあったりします。

対岸の造船所では、タンカーなのかコンテナ船なのかわかりませんが、船を建造しているみたいです。

12042979_1

クレーンなんかもあちこちに建っています。

12042979_2

海上自衛隊の基地もあり、グレー色した船もたくさん係留されています。

12042979_3

タグボートみたいな船ですが、どんな任務に着くのでしょうね。

12042980

『大和ミュージアム』にやってきました。

12042980_1

正式には『呉市海事歴史科学館 大和ミュージアム』です。

大人1名500円で入場できます。

12042980_20

入口から館内に入ると、まず圧倒されるのが、10分の1スケールの戦艦大和の模型です。

前からみるとすごく細いです。これならスピードも出そうですね。

12042980_16

たかちくらいの年代なら、1度くらいプラモデルも作ったことがあるのではないでしょうか?

何故か、男子はこの手のものを見ると『カッコイイ!』って思ってしまうんです。

実際にこんなもので戦争した訳ですが・・・

12042980_19

後ろの方には飛行機まで積んでいるんですね。

12042980_12

大半が大和の模型なんですが、それ以外にも零式艦上戦闘機・・・

いわゆる『ゼロ戦』です。

これもプラモデルで何回も作りました。

12042980_13

これは小型潜水艦『海龍』です。二人乗りの可愛い潜水艦です。

しかし、乗っている人は窮屈だったんでしょうねぇ・・・

その他、呉の歴史なんかも勉強できる資料室なんかもあるみたいでしたが、もう一つ『てつのくじら館』にも行かねばならず、ここはこれで終了です。

大和ミュージアムのHP

http://www.yamato-museum.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

甲賀流@ユニバーサル・シティウォーク大阪TM店

1203185

さぁ、〆は『甲賀流』です。

オープン時には、かなりの列ができました。

だから、たかち達は甲賀流をパスして、その他4軒を食べつくして、最後に行ってみました。

かぱちが会津屋でテイクアウトしているうちに、たかちが甲賀流で買いました。

1203185_1

甲賀流のたこ焼きには、七味唐辛子が付きます。

1203185_2

小ぶりなたこ焼きです。9個も入ってました。

1203185_3

結構お腹もいっぱいになってきましたが、しょう油マヨ味にしたので、別腹的に入っちゃいました。

かぱちも鶴ばばも、『もういらない』とか言ってましたが、いざ食べてみると食べられていました。

120318_6

これで全5軒完食です。

たこ焼きミュージアムは、お台場にもあるんですね。

有名どころのたこ焼き5種類を一回に食べられるところは確かに魅力です。

120318_7

ビリケンさんや通天閣もありまして、大阪らしさが出ていますね。

120318_9

1時間足らずで5軒制覇できました。

雨の日だったのですが、開店と同時に入るのがいいかも。

120318_10

ごちそうさまでした・・・

甲賀流のHP

http://www.kougaryu.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

会津屋@ユニバーサル・シティウォーク大阪TM店

1203184

会津屋と言えば、たこ焼きの元祖と言われているお店ですね。

たこではなくてコンニャクが入った『ラヂオ焼き』は有名です。

昭和8年創業なんですねぇ・・・

会津屋には、かぱちが買いに行ってもらいました。

1203184_1

今回もテイクアウトです。

1203184_2

しょうゆ味です。

とてもサッパリ食べられます。

たかちはまだまだいけますが、かぱちと鶴ばばは飽きてきたみたい・・・

これだったら、結構な数食べられるかも。。。

会津屋のHP

http://www.aiduya.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

あんみつ | いか焼き | いがまんじゅう | うどん・そば | うなぎ | おでん | おにぎり | おみやげ | お刺身 | お好み焼き | お弁当 | お花見 | お茶漬け | お菓子 | お酒・飲料 | お鍋 | かき氷 | かりんとう | かりんとうまんじゅう | くず餅 | しゅうまい | その他 | その他スイーツ | たい焼き | たこ焼き | だんご | とんかつ | どら焼き | ぬいぐるみ | はちみつ | まんじゅう | もつ煮 | やき豚 | ゆべし | わらび餅 | アウトレット | アーカイブス | カキ料理 | カステラ | カレー・シチュー他洋食 | キャラクター | ケーキ | コストコ | コーヒー | シュークリーム | ステーキ・ハンバーグ | スーパー | ソフトクリーム・アイスクリーム | チョコレート | チーズ | テーマパーク | デリカテッセン | ドライブ | ドーナツ | ハンバーガー | バイキング | バーベキュー | バームクーヘン | パスタ | パン | ピザ | ファミレス | ファーストフード | フルーツ | プリン | ラスク | ランチ | ラーメン | レモン牛乳 | ロールケーキ | ワイン | 中華料理 | 串かつ | 丼物 | 二郎系 | 五木ひろし | 京都 | 佃煮 | 味覚狩り | 和菓子屋 | 和食・懐石 | 四国 | 四国銘菓 | 夜景・ライトアップ | 大学芋 | 大福 | 天ぷら | 奈良 | 宅配 | 寄席 | 寿司 | 居酒屋・バー | 御朱印 | 惣菜 | 手づくり | 摂津三十三所観音霊場 | 散歩・ハイキング | 旅行 | 最中 | 松茸 | 水ようかん | 海産物 | 温泉 | 漬物 | 焼きそば | 焼きとり系 | 焼きまんじゅう | 焼き芋 | 焼肉 | 煎餅 | 牛たん | 生クリーム大福 | 神社・仏閣 | 紅葉 | 羊羹 | | 花火大会 | 芸術 | 西国三十三所観音霊場 | 調味料 | 讃岐うどん | 豆腐 | 豚まん | 遊覧船 | 道の駅・直売所 | 釣り・潮干狩り | 釣果で料理 | 鉄道 | 飛行機 | 餃子 | B-6君 | B級グルメ