ドライブ

窪川ポーク@道の駅あぐりくぼかわ

130428_1

初高知県です。高知市内の話は今度にして、道の駅あぐりくぼかわでおいしいものを見つけたのでご紹介しますね。

130428_2

そのお店は直売所の中ではなく、外で販売されていました。

当たり前ですが、豚肉の串焼きです。

他にも牛串もありますが、豚肉のご当地ブランドである『窪川ポーク』の串焼きなんです。

130428_3

1本300円でした。

鶴ばばが買ってくれました。

まず食べてびっくり!お肉がとても柔らかいんです。

味付けは焼き肉のタレみたいな感じですが、しっかりと味付けされていて美味。

ご飯があったら、1本で確実に1杯食べられるくらいのおいしさでした。

ビールがあったら・・・

もしも売っていたら、窪川ポークの豚串は買いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

炭火コーヒーとぜんざい@一返堂(道後温泉)

130420_2_3

道後温泉まで往復したら、結構寒くて疲れちゃいました。

ちょっとコーヒーでも飲んで、暖を取りましょう。

130420_1_3

ちょうど『一返堂』という喫茶店があったので立ち寄ってみました。

130420_2_4

観光地のお土産店が立ち並んでいる一角の喫茶店にしては、落ち着いていて、とても居心地がよいお店です。

鶴ばばはぜんざいをかぱちとたかちは炭火コーヒーをオーダーしました。

130420

鶴ばばのぜんざいはあずきの香りがして、甘さもあって、疲れた体を癒してくれる一杯でした。

130420_3

炭火コーヒーにしては珍しく酸味がある炭火コーヒーでした。

しかし、後味がすっきりしていておいしかったです。

130420_7

暖を取った3人は、再び道後温泉駅から路面電車に乗って、伊予市駅まで戻りました。

伊予市駅には坊ちゃん列車が止まっていたので、思わずパチリ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

道後温泉@松山

130420_1_1024x768

4月の中頃、松山までドライブしました。

アーケード街を抜けると、伊予鉄の大街道駅に出てきたので、道後温泉まで路面電車に乗ることにしました。

130420_2

15分くらいで、道後温泉に到着です。

たかちたちが乗ってきた電車は右側のレトロなタイプで、釣鐘式のモーター音や板張りの床に小さいころ乗った東上線のカステラ電車を思い出しました。

130420_1

車内も昭和時代を髣髴とさせる趣です。

130420_5

道後温泉の駅舎です。

レトロな感じの駅舎です。

130420_1_2

道後温泉駅前に立っているからくり時計です。

ちょうどからくり人形が出てきて踊っていました。

130420_2_2

道後温泉に向かってアーケード街を進んでいきましょう。

道後温泉は、駅前にあるのかと思っていましたが、5分くらい離れています。

130420_4

これが有名な道後温泉です。

入りたかったのですが、次回のお楽しみにしました。

これで、四国でまだ足を踏み入れていないのは高知県だけになりました。

早急に行かねば!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

竹の子のわらび@道の駅小松オアシス

130420

先日、松山まで行く道すがら、石鎚山SAで休憩しました。

すると、『道の駅小松オアシス』が併設されていたので、そっちにも寄ってみました。

130420_4

地元産の竹の子とわらびの水煮が販売されていたので購入。

竹の子が2つで400円、わらびが250円だったかな?

翌日、早速竹の子ご飯にしてみました。

水煮の竹の子をスライスして、油揚げ1枚も細かく切ります。

ほんだしと追いがつおつゆと水で5分ほど煮含めます。

研いだお米に固めの水加減にし、先ほど煮た竹の子と油揚げを煮汁ごとお釜に入れてざっくり混ぜてスイッチオン!

自分でいうのもなんですが、味付けがバッチリで、3合炊いた竹の子ご飯はアッという間になくなっちゃいました。

130420_3

こちらは、わらびと竹の子の煮ものです。

少し濃いめのだし汁でサッと煮ました。

竹の子は軸の部分にして、歯ごたえを楽しみました。

わらびはサッと煮たつもりでしたが、柔らかくなりすぎちゃいました(^^;

130420_1

こちらは、単純に切って、わさび醤油で食べました。

お刺身感覚ですね。

多少えぐみはあったものの、お酒のアテには最高でしたよ。

130420_2

こちらのわらびも茎の部分を切っただけです。

竹の子と同様にわさび醤油をかけて食べました。

わずか650円で、4品も作ることができ、かぱちも鶴ばばも大変喜んでくれました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

じゃこや@道の駅源平の里むれ

130330_1

高松に移住してすぐの頃、牟礼にある『道の駅 源平の里むれ』まで行ってきました。

130330_1_2

ちょうどお昼時でお腹も減ったので、何か食べることに・・・

そしたら、『じゃこや』という海鮮ものの定食屋さんがあったので入ってみました。

130330_2

ザ・めしややおくどさんみたいに、好きなおかずを自分で選んで、最後にご飯とみそ汁を頼んで会計をするという、セルフ方式というか、カフェテリア形式のお店です。
130330_3

会計を済ませてから、テーブルに着きます。

結構お客さんが来ていましたよ。

130330_4

お刺身だけでも何種類もあり、煮魚系、焼き魚系、フライ系、その他サイドディッシュ系もあり、ついつい色々と取ってしまって、割高になってしまいました。

130330_10

鶴ばばはこんな感じのセットになりました。


130330_11

たいらぎ貝のフライです。

ホタテフライに似ています。

たいらぎ貝が甘くておいしかったです。

130330_12

魚系が比較的苦手な鶴ばばは、結局この手の煮もの系に逃げます。

ただ、海鮮ものが売りのお店ですが、この様に魚系以外の小鉢なんかも充実していて、魚系が苦手な方も大丈夫です。

130330_13

切り干し大根もチョイス。

比較的あっさり炊けていて美味。

130330_14

かぱちはこんな感じのセットになりました。

130330_15

メインは『イワシの梅煮』です。

骨まで食べちゃいましたが、少し気になる程度です。

味は抜群でした。

魚の臭みもありません。さすが新鮮なんですね。

130330_16

長いもとキュウリの酢の物です。

多少甘めですが、酢が味のアクセントになって、箸休めに最適でした。

130330_17

かぼちゃとあずきの『いとこ煮』もチョイス。

さすが女性です。デザートまでしっかりとキープです。

130330_4_2

たかちは・・・取りすぎちゃいました。

130330_5

まずは『タイのお刺身』です。コリコリではなく、柔らかかったです。

これはこれで旨し。

130330_8

カレイのから揚げです。

頭の尾びれ以外全部食べちゃいました。

二度揚げしているらしく、骨まで食べられました。

130330_9

サバの甘酢あんかけです。

3切れあったので、3人で仲良くシェアーしました。

お酢が効きすぎていないので、お酢が苦手な方にもいいかもです。

130330_7

これは『イカとエリンギのバター醤油炒め』です。

これは味が濃かったですが、いかが柔らかかったです。

130330_6

最後に『かき飯』です。

ひそかに高松はカキの養殖が盛んです。

ただし、今回(大)を頼んでしまったので、ものすごい大盛りにびっくりしちゃいました。

まだまだ食べてみたいものがたくさんあったので、また行ってみたいお店です。

『道の駅 源平の里むれ』のHP

http://www.genpei-mure.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

芝桜@カフェ・ジャルダン(高松)

130421_1

少し前になりますが、4/21に西植田にある『カフェ・ジャルダン』で芝桜が見ごろを迎えているとの情報があったので行ってきました。

130421_2

これだけ見事な芝桜の庭園を、個人経営の喫茶店が造成しています。

この時期だけは、入場料200円がかかります。

130421_5

でも、これだけの芝桜の群生が見られるなら安いと思います。

観光バスも来ていましたよ。

130421_6

庭園中ほどに展望塔があり、登るとこんな芝桜の絨毯が鑑賞できます。

今年は金魚さんでした。

過去にはキティーちゃんとかもあったみたいです。

130421_9

展望塔から入り口方面も撮影してみました。

130421_12

さらに、隣接するため池の方にも芝桜は植えられています。カフェは高台にあるので、こんな感じで見下ろす感じになります。

もちろん近くまで下りて行けます。

130421_15

逆に下からカフェの高台を見上げてみました。

130421_14

緩やかなスロープになっていて、芝桜の中を歩くって感じです。

130421_32

もう一度カフェの方に戻ってきました。

130421_33

これは2008年に歌手の鳥羽一郎さんが一部を植えたんだそうです。

やっぱり『兄弟船』なんでしょうかねぇ・・・(^^;

いやぁ、見ごたえがありました。

フリマみたいのもやってまして、かぱちは2個で100円のシュシュと髪飾りを、鶴ばばはコルゲンコーワのかえるのキャラクターのフィギュア1体300円を2体で500円に負けてもらって、たかちが二人にプレゼントしました。

芝桜は、埼玉の秩父にある羊山公園の芝桜が地元では有名でしたが、規模こそ違えかなりの見ごたえがありますから、一度行ってみるべし。

カフェ・ジャルダンのHP

http://cafejardin.net/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うんめ~味噌鶏丼@道の駅但馬まほろば

121110_9_2

もう一つ、道の駅但馬まほろばネタをご紹介します。

121110_3

コロッケとメンチを食べた後、食欲がわいてきたたかちたちは、そのままフードコートへ。

121110_1_3

明るい感じの店内です。

121110_4

鶴ばばは中華そばを注文。500円だったと思います。

チャーシュー、なると、メンマ、ねぎとラーメンの王道を行くラーメンです。

今時、このようなラーメンは少なくなりました。

ゴテゴテしすぎてますよ。このようなラーメンの方が飽きずに食べ続けられます。

121110_5

かぱちは『うんめ~味噌鶏丼』です。これも500円です。

121110_1_4

鶏肉と玉葱をみそ味で炒めて丼にしています。マヨネーズのトッピングがグッドです。

とってもおいしかったです。

121110_6

たかちは何故かチャーハンにしました。

これも500円です。

121110_1_5

パラパラ系のチャーハンで、味付けは本格的で、とても500円とは思えません。

121110_2_2

道の駅にしては、夜の8時まで営業しているし、おいしいものを食べさせてくれるし、珍しい道の駅を発見しました。

道の駅但馬まほろばのHP

http://green-wind.co.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

但馬牛コロッケと岩津ねぎメンチ@道の駅但馬まほろば

121110_9

11月の始め頃、道の駅但馬まほろばに行ってきました。

121110_8

『但馬牛コロッケ』と『岩津ねぎメンチ』がそれぞれ1個150円で販売されていました。

何でも、平日は1個200円で販売しているのですが、土日祝は50円引きの150円にしているそうです。

観光地では、どちらかと言うと休日には値段が上がることが多いですが、逆に安くなるという嬉しい企画です。

但し、コロッケやメンチとしては、かなり高めの設定です。

121110

まずは、但馬牛コロッケです。

見た感じは極々普通のコロッケですねぇ。

121110_1

食べてみるとじゃがいもがホクホクで、牛のミンチも入っています。

味付けが濃いめにできているので、ソースをかけず、そのまま食べても美味しくいただけます。

なかなか旨し。

121110_2

続いて『岩津ねぎメンチ』です。

関西では『ミンチカツ』という呼び方がポピュラーですが、ここでは『メンチ』でした。

121110_1_2

岩津ねぎは、関東で言うと『下仁田ねぎ』系で、鍋なんかに適しいてると思います。

この岩津ねぎの甘みが、メンチとベストマッチ!

とてもおいしかったです。

どちらも値段は高いのですが、高いだけあっておいしいと思いますよ。

道の駅但馬まほろばに立ち寄られた際は、食べてみるのもいいかも・・・

道の駅但馬まほろばのHP

http://www.green-wind.co.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

翁鶴@大石酒造

121021

先日、亀岡方面に行ったときに偶然見つけた酒蔵です。

121021_15

観光用になっていて資料館などもあり、昔の酒造りの機具なんかも展示してあります。

121021_4

もちろん販売コーナーもあって、お酒がたくさんあります。

121021_5

もちろん試飲コーナーもあります。

かぱちが2種類試飲させてもらってました。

121021_17

瓶への充填する工程を二階から見渡せる場所もありましたが、日曜日と言うこともあって、ラインは止まってました。

121021_12

資料館と売店の隣に、ツタが絡まった、風情ある建物があり、『あま酒』などと書かれているので吸い込まれてしまいました。

121021_10

こちらでは、醤油やポン酢なども販売されていました。

121021_11

喫茶スペースがあり、あま酒を頂くことに。

121021_14

伺ったときはまだ10月半ばで、暑かったので、冷やしあま酒をいただきました。

さすが酒蔵で頂くあま酒です。

観光地なんかで販売されているあま酒とはひと味違います。

まず濃さが違います。それと純米吟醸の搾り粕を使っているので香りも違います。

冷えているのに吟醸香がほんのりしてきます。

いやぁ~おいしかったです。

121021_1

10月半ばに『夏の酒』を買いました。

売店では、今が旬の『てんごり』が大量陳列されていてイチオシでしたが、たかちは、今の流行りなのですが、純米酒があまり好きではありません。しつこく感じてしまうのです。

なので、あえて生貯蔵酒である『夏の酒』をチョイスしました。製造年月も今年の9月でしたので・・・

121021_2

かぱちは、『お酒のカクテル』を買いました。ゆず味で、わざわざ栓を開けてかぱちに試飲させてくれました。

たかちもお家に帰ってから少しもらいましたが、柚子の風味がパァーッと口の中に広がって爽やかな感じです。

確か度数も8度くらいなので、冷やしてストレートで飲んでもいいし、最近の低アルコールブームに乗って炭酸で割ってもいいかもです。

比較的楽しめる観光酒蔵でした。たかちたちの入れ違いに大型観光バスの御一行様がお見えになっていました。

大石酒造のHP

http://okinazuru.co.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

揖保乃糸そうめんの里@たつの

121007

たつのはそうめんの里でもあります。

有名な『揖保乃糸』の生産地です。

121007_1

そんなわけで『揖保乃糸そうめんの里』に行ってきました。

121007_2

入口には、いきなりそうめんが。。。

121007_2_2

リアルな蝋人形で製造工程がわかるようになっています。

121007_3

まずは小麦粉と水を練って大きな板状にして、それを切って棒状にしていきます。

121007_4

それをどんどん細くしていきます。

121007_5

さらに細くした後、2本の棒に引っ掛けていきます。

121007_6

その棒を引っ張りながら延ばしていきます。

121007_7

どんどん延ばしていって、あの細いそうめんが出来上がるのだそうです。

121007_8

そうめんに『等級』があることを始めて知りました。

121007_9

製造工場では、日曜日でしたが職員の方が、多分観光用だとは思いますが、箱詰め作業をしていました。

121007_10

資料館では1日に何回かそうめんの延ばし作業の実演をやっていて、ちょうど見ることができました。

コンパニオンさんの説明とともに、係りの方が伸ばしていきます。

121007_1_3

これでも延ばしたんです。でも、うどんのように太いです。

121007_2_4

それをどんどん延ばしていきます。

121007_3_2

麺じたいがくっついているので、引き剥がしながら伸ばしていきます。

121007_5_2

手つきがさすがに鮮やかです。

121007_6_2

ちゃちゃっと延ばしてしまいました。

湿度や気温の違いによっても延ばし方が違うそうです。

121007_7_2

で、30センチくらいだったものが2メートル近くになりました。

121007_11

実演を見た後、試食室でそうめんを試食させてもらうことに。

121007_1_4

めんつゆに少量のそうめんを入れてくれます。

121007_2_6

普通のそうめんなんですが、ここで食べるととてもおいしく感じてしまいます。

めんつゆは少し甘めでした。

121007_2_7

売店コーナーなども当然あり、等級の違うそうめんが購入できます。

121007_12

やっぱり特級を買うことに。5束と汁もついたものが750円で販売されていたので、購入しました。

お家でそうめんを作って食べましょう!

揖保乃糸資料館そうめんの里のHP

http://www.ibonoito.or.jp/soumennosato/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

あんみつ | いか焼き | いがまんじゅう | うどん・そば | うなぎ | おでん | おにぎり | おみやげ | お刺身 | お好み焼き | お弁当 | お花見 | お茶漬け | お菓子 | お酒・飲料 | お鍋 | かき氷 | かりんとう | かりんとうまんじゅう | くず餅 | しゅうまい | その他 | その他スイーツ | たい焼き | たこ焼き | だんご | とんかつ | どら焼き | ぬいぐるみ | はちみつ | まんじゅう | もつ煮 | やき豚 | ゆべし | わらび餅 | アウトレット | アーカイブス | カキ料理 | カステラ | カレー・シチュー他洋食 | キャラクター | ケーキ | コストコ | コーヒー | シュークリーム | ステーキ・ハンバーグ | スーパー | ソフトクリーム・アイスクリーム | チョコレート | チーズ | テーマパーク | デリカテッセン | ドライブ | ドーナツ | ハンバーガー | バイキング | バーベキュー | バームクーヘン | パスタ | パン | ピザ | ファミレス | ファーストフード | フルーツ | プリン | ラスク | ランチ | ラーメン | レモン牛乳 | ロールケーキ | ワイン | 中華料理 | 串かつ | 丼物 | 二郎系 | 五木ひろし | 京都 | 佃煮 | 味覚狩り | 和菓子屋 | 和食・懐石 | 四国 | 四国銘菓 | 夜景・ライトアップ | 大学芋 | 大福 | 天ぷら | 奈良 | 宅配 | 寄席 | 寿司 | 居酒屋・バー | 御朱印 | 惣菜 | 手づくり | 摂津三十三所観音霊場 | 散歩・ハイキング | 旅行 | 最中 | 松茸 | 水ようかん | 海産物 | 温泉 | 漬物 | 焼きそば | 焼きとり系 | 焼きまんじゅう | 焼き芋 | 焼肉 | 煎餅 | 牛たん | 生クリーム大福 | 神社・仏閣 | 紅葉 | 羊羹 | | 花火大会 | 芸術 | 西国三十三所観音霊場 | 調味料 | 讃岐うどん | 豆腐 | 豚まん | 遊覧船 | 道の駅・直売所 | 釣り・潮干狩り | 釣果で料理 | 鉄道 | 飛行機 | 餃子 | B-6君 | B級グルメ