焼きまんじゅう

味噌付けまんじゅう@飯能

100613_2 

「たかちとかぱち」を以前から遊びに来てくれてる方は、この画像をみると『焼きまんじゅう!?』と思われると思いますが、実は違うんです。

100613 

あるサイトで偶然知ったのですが、飯能には『味噌付けまんじゅう』なるものがあるんです。

そして、群馬の『焼きまんじゅう』そっくりなんです!

一時焼まんじゅうに凝ったたかちとしては、『なんとしても食べねば!!!』ということで飯能まで行ってきました。

100613_1 

今回は、新島田屋さんに行ってみました。

100613_3_2 

この包み紙がレトロと言うか、昭和チックに感じです。

100613_1_2 

外見は焼きまんじゅうそっくりです。

ちなみに、お店では注文してから串に刺さったまんじゅうを焼いてくれます。

1串に2つまんじゅうが刺さっています。

焼きまんじゅうは、あんなしが1串4~5個、あん入りが1串3個が標準でしたので、個数的には少ないですが、1個の大きさはこちらの方が大きいと思います。

最後にタレをハケでまんじゅうに塗りたくるのも、焼きまんじゅうとそっくりでした。

100613_3 

半分に切ったものがこちら。

あん入りの焼きまんじゅうそっくりです。

食べてみると・・・

あん入り焼まんじゅうと一緒でした(^^;

な~んだ、焼きまんじゅうがたかちのお家の近くでも食べられるんじゃん!

飯能市内に何軒か味噌付けまんじゅうのお店があるようなので、食べ比べてみようかな?

食べた感想は、ここ新島田屋のまんじゅうは、酒まんじゅうみたいな感じがしたので、酒種なのかも知れません。

とても旨し。

100613_2_2 

味噌付けまんじゅうを焼いてもらっている間に、見つけて買ってきたのが、このスイートポテトです。

100613_1_3 

むらさき芋を使っているので色がむらさきなんです。

とても甘く出来ていて、鶴ばばのお気に入りになりました。

ここでも焼きだんごや酒まんじゅうも売っていたので、また行ってこれらを試してみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

千福食堂

090527_2  今日のランチは、以前から行ってみたかった千福食堂に行ってきました。

ここの焼きまんじゅうを食べてみたかったのです。

焼きまんじゅうのことしか頭になかったので、焼きまんじゅう以外のメニューは何が名物なのかわかりません。

店内がものすごく昭和チックしていたので、ラーメンと焼きまんじゅうを注文しました。

0905271 まずは焼きまんじゅうが運ばれてきました。

今までテイクアウトばかりで、お店で食べるのは初めてです。

一口食べると、タレがねっとりとしていて、下山饅頭店のタレに似ています。

味も濃いめでした。

1本食べると満足感ありありでした。

そうこうしているうちに、ラーメンが運ばれてきました。

あっさり系の中華そば系です。

結構いけます。

その他もりそばもおいしそうでしたが、なんと言ってもやきそばが一番おいしそうでした。

何回か通ってみたいお店です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大丸屋製菓 三万五千石店

Photo 今日は沼田方面に出かけました。

沼田の中心街はお祭りで交通規制がかかっていました。

沼田高校前にある『大丸屋製菓 三万五千石店』。

沼田地区では、焼まんじゅうが『味噌まんじゅう』と名前が違います。

このお店は和菓子屋さんなので、まんじゅうがふっくらとしています。

タレは特に特徴はありませんが、焼き方はレアにちかいです。

このお店は炭火で焼き上げてくれます。

ガスが主流で、もしかしたら炭火焼きは初体験かも・・・

焼きあがる間に酒まんじゅうだの味噌皮まんじゅうもご購入。

Photo_2 さらに、かぱちが『蒸したどらふわり』を発見。

これし蒸したどら焼きの皮(蒸してるのにどら焼きとは言わないか?)に小倉あんと生クリームを混ぜ合わせたものがはさんであります。

おまんじゅうもどら蒸しもとっても美味しかったです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

田中屋本店

さぁ、焼きまんじゅうシリーズ第3弾は、地元の方のイチオシ店に行ってみました。

田中屋本店です。

Photo_4 このお店は、国道17号線を前橋から渋川方面に進んで行き、東部バイパスの先の右側にあります。

パン屋さんも併設されていて、どっちが本業なのだろうなどと考えてしまいましたが、一応パン屋さんが本業なんだけど、焼きまんじゅうの方が売れちゃってるみたいな感じです。

焼きまんじゅうを焼いてもらっている間にパンを見て回りましたが、自家製パンで、昭和チックで素朴なパンがいっぱいありました。

どこのお店でもそうなんですが、あん入りは元々作る個数が少ないのか、午後になると売切れてしまいます。このお店もそうだったんですが、初めて買いに行ったときは既に夕方だったので、売り切れでした。

あん入りを買うために2度も足を運んでしまいました。

Photo_5 で、お味の方はと言うと、さすがに本業がパン屋さんだけあって、まんじゅうじたいふっくらしています。よく発酵させているのでしょう。

タレはあっさししていて、甘さ控えめです。

地元の方に言わせると「あん入りは邪道」だそうです。

あっしは、あん入りも好きでしたが、焼まんじゅう本来の味を楽しむのであれば、「あんなし」ではないかと思い始めてます。

あんいりはしつこくなります。出来たてを食べる時には特に感じます。

冷めてから食べると差ほど感じませんが、焼きまんじゅう自体の味が落ちてしまうように感じます(冷めた焼まんじゅうが好きな方、ごめんなさい)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

下山まんじゅう店

このお店は、前回ご紹介した「たなか焼きまんじゅう店日赤前」に程近いところに位置していますが、国道50号から50m位入るので、少しわかりづらいと思います。

そして、このお店も駐車場が・・・あるらしいのですが、休日などはとなりの会社の駐車場に勝手に止めちゃってOKらしいです(^^;。

もちろん店主談(^^;

Photo_3 このお店、ものすご~く昭和チック入りまくってます。

まず、外観で「大丈夫?」と感じます。そして、店内に入っても「大丈夫?」って感じてしまうくらいです。

清潔感があまりないけど、愛想のいい親父が、注文を受けてから焼きます。

今回もあん入りとあんなしの両方を頼みました。

焼きながら、結構県外からも買いに来るお客がいることなど教えてくれました。

Photo_2 ここの特徴は、タレが濃厚で黒いことです。まんじゅう自体も気泡が粗く、タレをよく吸い込むので、濃い味です。

たなか焼きまんじゅう店日赤前よりも好きかも・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たなか焼きまんじゅう店日赤前

さて、群馬県のソウルフードである「焼きまんじゅう」を紹介すると宣言してしまったので、第一弾をお送りします。

「たなか焼きまんじゅう店日赤前」です。

あっしの家から1位、2位を争うくらい近いお店です。少なくとも自宅から徒歩圏内に5店舗もあります。但し、車社会の群馬県人に言わせると徒歩圏内ではありませんが・・・(^^;

Photo_3 場所は、国道50号線沿いで、前橋日赤病院の前です。

わかりやすいと言えばわかりやすいのですが、お店が小さいし、店構えもハデではない上に、通りは片側2車線の国道でh車だとスピードも出ていて、気付きません。

おまけに駐車場がないんです・・・

どうしても車で行くには、写真の左手の見えない部分に小さな路地があるので、そこに路駐するくらいだと思います。

ここのお店は、夫婦と息子で経営しています。

親父は愛想がなさそうですが、話したことがないので、とっつきにくいだけなのかもしれません。

あっしが訪れた時は、息子がメインで焼いていて、お母さんは焼きあがったまんじゅうを包む係りで、親父は焼く前のまんじゅうを息子の言われるままに用意する係りでした。

このお店の特徴は、「ミックス」なるものがあり、14個のまんじゅうが、あん入りとあんなし2個ずつになっていて、1串で2つの味が楽しめてしまいます。

トライアルにはうれしい企画です。何軒焼きまんじゅう屋に行きましたが、ハーフ&ハーフは今のところこのお店だけです。

Photo_4 さらに、焼きまんじゅうの醍醐味は、みたらし団子のタレのような「つけダレ」にあります。

このお店は、そのタレをた~っぷり入れてくれます。牛丼で言えば「つゆだく」ですかね(^^;

久しぶり(四半世紀ぶり)に焼きまんじゅうを食べましたが、おいしかったです。

まずは近場を攻めるかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

焼きまんじゅう

みなさんは「焼きまんじゅう」と聞いて、どんな食べ物を想像しますか?

最近ではお祭りの屋台でも見かけたりするようにもなりましたが、まだまだ全国区の食べ物ではないと思います。

上州が発祥の焼きまんじゅう。あっしがこのソウルフードと出会ったのは、かれこれ四半世紀前のことです。

Photo 学生時代に奥日光の、とあるスキー場近くの民宿に居候していた時、その宿の今は亡き「おかん」に連れられて行ったスーパーの店頭で買ってもらって食べさせてもらったのが最初でした。

酒まんじゅうのあんこが入っていない皮だけの焦げ目の付いたまんじゅうが、竹串に4つ刺さっていて、みたらし団子のタレが付いているものでした。

正直言って味は微妙でした。

しかし、今、上州の住人になり、ご当地グルメを語る上で、この「焼きまんじゅう」を語らないわけにはいきません。

Photo_2 そんなことを思っていたら、あるサイトで「焼きまんじゅうのガイドブック」なるものの存在を知りました。

群馬県がまちおこしの一環なのか、伝統の再発見の為なのかは知りませんが、1冊180円で作成したのです。日経新聞でも紹介され、群馬県内の戸田書店他一部の本屋で発売されています。又、群馬県に直接頼めば通販もしてくれたと思います。

あっしも1冊購入しましたが、群馬県下に83店舗もの焼きまんじゅう屋が存在しています。

こりゃあ、上州に居住している間、できる限り食べ歩いてみようかなぁ・・・

などと考えてしまったのです。

どれだけご紹介できるかわかりませんけど、適当にご紹介していきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

あんみつ | いか焼き | いがまんじゅう | うどん・そば | うなぎ | おでん | おにぎり | おみやげ | お刺身 | お好み焼き | お弁当 | お花見 | お茶漬け | お菓子 | お酒・飲料 | お鍋 | かき氷 | かりんとう | かりんとうまんじゅう | くず餅 | しゅうまい | その他 | その他スイーツ | たい焼き | たこ焼き | だんご | とんかつ | どら焼き | ぬいぐるみ | はちみつ | まんじゅう | もつ煮 | やき豚 | ゆべし | わらび餅 | アウトレット | アーカイブス | カキ料理 | カステラ | カレー・シチュー他洋食 | キャラクター | ケーキ | コストコ | コーヒー | シュークリーム | ステーキ・ハンバーグ | スーパー | ソフトクリーム・アイスクリーム | チョコレート | チーズ | テーマパーク | デリカテッセン | ドライブ | ドーナツ | ハンバーガー | バイキング | バーベキュー | バームクーヘン | パスタ | パン | ピザ | ファミレス | ファーストフード | フルーツ | プリン | ラスク | ランチ | ラーメン | レモン牛乳 | ロールケーキ | ワイン | 中華料理 | 串かつ | 丼物 | 二郎系 | 五木ひろし | 京都 | 佃煮 | 味覚狩り | 和菓子屋 | 和食・懐石 | 四国 | 四国銘菓 | 夜景・ライトアップ | 大学芋 | 大福 | 天ぷら | 奈良 | 宅配 | 寄席 | 寿司 | 居酒屋・バー | 御朱印 | 惣菜 | 手づくり | 摂津三十三所観音霊場 | 散歩・ハイキング | 旅行 | 最中 | 松茸 | 水ようかん | 海産物 | 温泉 | 漬物 | 焼きそば | 焼きとり系 | 焼きまんじゅう | 焼き芋 | 焼肉 | 煎餅 | 牛たん | 生クリーム大福 | 神社・仏閣 | 紅葉 | 羊羹 | | 花火大会 | 芸術 | 西国三十三所観音霊場 | 調味料 | 讃岐うどん | 豆腐 | 豚まん | 遊覧船 | 道の駅・直売所 | 釣り・潮干狩り | 釣果で料理 | 鉄道 | 飛行機 | 餃子 | B-6君 | B級グルメ