たい焼き

仏頂さんの餞別@御座候

130319_1

たかちが会社でお世話になった仏頂さんは、すでにリタイヤされて大阪に住んでいます。

2年弱前、たかちとかぱちが大阪に来た時、歓迎会をしてくれました。

アッという間に大阪を離れることらなっちゃったので、急遽千里中央でたかちの送別会をやってくれました。

久しぶりに会いましたが、第二の人生を謳歌しているご様子。

色々な話題に花が咲きました。

たかちが、御座候の本社がある姫路に行って回転焼きを食べてきた話もしました。

すると最後に、仏頂さんがたかちに餞別として渡してくれたのが『御座候』でした。

130319_2

千里中央には御座候のお店があり、たかちも何回かここで買って食べました。

仏頂さんは、たかちの為に御座候を買ってきてくれたのでした!!!

結構感激してしまいました。

厳しく指導してくれた仏頂さん、ありがとうございました。

ちゃんと6個買ってくれたので、かぱちと鶴ばばとたかちの3人で2個ずつ頂きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

御座候とあずきソフト@姫路

1302101_1024x768

小江戸川越でも食べていた、御座候の今川焼。

関西では回転焼きとか太鼓焼きと言われていますが、商品名が『御座候』なんですね。

御座候の本社が姫路にあると聞き、行ってきました

13021021_1024x768

本社に併設された『あずきミュージアム』があったのですが、大人1人1,200円もする入館料に怖気づいて、直売所で御座候を食べることに・・・(^^;

1302103_1024x768

引っ切り無しに御座候を求めてお客さんがやってきます。

1302104_1024x768

一日中焼いているのでしょうねぇ・・・

実に無駄のない動きです。

1302105_1_1024x768

番号札を渡されて、店内で呼ばれるまで待つことに・・・

店内にはイートインコーナーがあります。

1302105_2_768x1024

1杯100円のレギュラーコーヒーと50円の煎茶がサーバーで用意されています。

大阪から下道で来たので、お茶の時間にしましょう。。。

1302106_2_1024x768

15分くらいで受け取れました。

出来立てのアツアツを頂きます。

1302106_3_1024x768

いつものことながら、この『赤』のあんこは甘すぎず、小豆の風味もしっかりしていておいしいです。

1302105_3_768x1024

そして、このあずきソフトも頂くことに。レギュラーサイズで300円でしたが、小豆の味がして、濃厚でクリーミーなソフトです。

かなり完成度が高いと思います。

1302106_4_1024x768

御座候にあずきソフトを乗っけて食べましたが、温かいあんこと、冷たいソフトクリームが一体となって激ウマでした。

このオン・ザ・ソフトで御座候を食べにだけ姫路まで行く価値ありですよ。

御座候のHP

http://www.gozasoro.co.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うす皮たい焼き@たい翔(駒ヶ林)

120908_1

釣場を探しに行ったときに、国道2号線から少し海側に入ったところにこんなお店を発見!

わざわざユーターンして寄ってみました。

120908_3

うす皮たい焼きと言えば、以前ご紹介した、およげ!たいやきくんのモデルになった、麻布十番の浪花屋総本店の天然もののたい焼きを思い出します。

しかし、ここ『たい翔』のたい焼きは、うす皮を謳うほどうす皮ではありません。

外見は、極々普通のたい焼きですが、少し皮が固いかなって感じでした。

120908_5

しかし食べてみてビックリ!

揚げてあるかと思うほど、皮がカリカリなんです。

天然ものではなさそうですが、この食感は癖になります。

1個150円前後しますので、結構高めの値段設定ですが、一度食べてみてもいいかも。

神戸市営地下鉄海岸線の新長田から1つめの駒ヶ林駅の上でアグロガーデンの近くです。

あんこの他に白つぶあん、栗あん、カスタードなどもあります。

是非行って、食べてみるべし!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どやさ@伊丹

120331_1

先日、伊丹に行ったとき、いか焼きのあいあい傘のとなりにたこ焼き、たい焼き、広島焼きなど売るお店がありました。

120331_2

本来、このたこ焼きを買いに来たので、早速購入。

『しおまよ』をお願いしました。

120331_3

ダシが効いたたこ焼きには、塩がいいですねぇ。

120331_1_2

マヨがアクセントで非常にグッドです。

結構トロトロ系でした。

120331_4

鶴ばば、かぱち、たかちの3人が相談して購入した『広島焼き』です。

1枚380円は普通ですかね。

120331_1_3

焼きそばと千切りキャベツがたっぷり入っていて、ボリュームがありました。

ソース味もうまいですねぇ・・・

120331

たい焼きも購入。

こちらは、『皮厚めフワッとタイプ』です。

中のあんこもなかなかうまかったのですが、少し甘めかな?

全体的に平均点です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

茜丸のどら焼きとたい焼き@天王寺

120108

四天王寺から出てくると、遠くに赤いビルが見えまして、どら焼きの文字が!

120108_1

近くに行ってみると、『茜丸の五色どらやき』とおじさんのキャラクターがありました。

120108_2

お店の入口には、おばさん人形もあります。

こりゃあ入るっきゃないですよね。

120108_3

店内には色んなどら焼きが販売されています。

その中に、先日たかちが会社でもらったどら焼きと全く同じ包み紙の商品もありました。

もらったときは、店名まで確認せずに食べちゃいましたが、すぐにわかりました。

『茜丸 黒丸』という、黒豆を使ったどら焼きでした。

120108_8

そんなわけで、今回は仲良く1個ずつ、合計3個買って来ました。

120108_10

鶴ばばは白あんです。あっさりした甘みで、白あん苦手なたかちも食べましたよ。

120108_12

かぱちは普通のどら焼きです。

あんこがたっぷり入っていて、甘さも控えめで、小豆本来の味と香りがして、ウマウマでしたよ。

120108_13

そしてたかちのは『栗入り』です。

120108_14

あんこの中に栗が入っているのはよくありますが、皮に栗が入っているのって珍しいでしょ?

重さもずっしりあって、かなりのボリュームでした。

通販でも買えるみたいですよ。

120108_4

店内では、『たい焼き』も販売されていて、羽根つきたい焼きです。

120108_5

薄皮パリパリ系で、麻布十番の浪花屋本家のたい焼きに似ている感じがしました。

浪花屋と言えば、以前こちらでもご紹介しましたけど、『およげ!たい焼きくん』のモデルになったお店です。

もっちり皮系が好きな方はダメかも・・・

茜丸のHP

http://www.akanemaru.co.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

焼き栗あんたい焼き@ゝ神(点神)

111010

先日、阪急池田駅近くの商店街に行ってきました。

111010_1

お目当ては、ここ『ゝ神』に行くためでした。

111010_5

たこ焼きがお目当てだったのですが、たい焼きの文字につられて、たい焼きを購入しました。

『焼き栗あんたい焼き』と言うのがあり、普通のたい焼きが1枚130円なのに対し、1枚150円もします。

111010_6

食べてみると、薄皮のたい焼きで、あんこがあっさりとしていて美味しいです。

さらに、甘栗の砕いたものが、ゴロゴロと入っていて、最高に旨いです。

絶対に食べてみるべし!!!

ゝ神(てんじん)のHP

http://r.tabelog.com/osaka/A2706/A270603/27013386/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

太郎焼本舗@川口

110220

先日、川口に行く用事があったので、帰りに川口駅東口にある『太郎焼本舗』で太郎焼を買って帰りました。

この太郎焼は、川口の名物で、かぱちの生まれる前から売っているそうです。

110220_1

要するに『今川焼』です。

オートメーション化されていました。これも時代の流れなのでしょう。

110220_2

これが太郎焼です。

110220_3

あんこがたっぷり入ってます。

また、あんこがとても甘いです。でも十勝の小豆を使用しているので、とっても小豆の香りがしておいしかったです。

今回はコンコース正面のお店で買いましたが、1階の店舗では『新太郎焼』という商品があり、こちらは甘さ控えめだとのことです(かぱち談)。

その他、たい焼きも売ってたりします。

たい焼きもおいしいのかなぁ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

栗まんじゅう@藤掛屋

100926

先日、桐生まで行った帰りに、栗まんじゅうで有名な藤掛屋に寄りました。

お店の中では、焼き上がりを待つお客さんが結構いました。

100926_1

たかちは、お店の外から焼いているところや店舗を撮影してました。

あんこがバットに大量に盛られているのですが、そのあんこのおいしそうなこと!

こりゃあ期待できそうです。

100926_3

大体が方が『栗まんじゅう』と言われて思い浮かべるのは、白あんでまんじゅうの上面がこげ茶色のおまんじゅうだと思いますが、ここ藤掛屋の栗まんじゅうは、栗の形をしているたい焼きや今川焼きや太鼓焼きみたいなものです。

100926_4

『栗まんじゅう』と『かすてらまんじゅう』を3個ずつ買いました。

上の3つが栗まんじゅうで、下の3つがかすてらまんじゅうです。

100926_2

まずは、名物の栗まんじゅうからです。

たい焼きで言うとパリパリ系の皮です。

100926_1_2

割ってみると、中から甘さのしつこくないあんこが、大量に出てきました。

アツアツだったので、本当においしかったです!!!

100926_5

次は、かすてらまんじゅうを食べます。

重曹の香りがふわっとします。見た目にも先ほどの栗まんじゅうとは違って、きめ細かい生地で柔らかそうな皮になっています。

100926_1_3

もちろん、栗まんじゅう同様、大量のあんこが出てきました。

こちらの方が明らかに上品な仕上がりになっています。

しかし、販売数量から言うと、9対1くらいで圧倒的に栗まんじゅうが売れるんです。

たかちは、どちらも好きですが、かぱちと鶴ばばは、栗まんじゅうの方が好きだと申しておりました。

あんこが本当にしつこくないので、一度に2つ食べても全然平気です。

藤掛屋

桐生市錦町2-5-2

0277-45-0630

定休日 火曜日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

浪花家総本店@麻布十番

100828

東京の三大たい焼きの1軒で、『およげたいやきくん』のモデルになった、麻布十番にある浪花家総本店に行ってきました。

100828_1

あんぱんまんのジャムおじさんみたいな、蝶ネクタイをしているたい焼き屋のおじさんは、実在の人物だったのですが、今年の5月に永眠されました。

最初に訪ねた時は、そんな予備知識もなく行ったので、その風貌を見て、変わった人だなぁと思いましたが、未だに印象に残っているので、インパクトは大きかったと思います。

100828_2

麻布十番祭りの時には、たい焼き3つ買うのに6時間待ち(お昼の12時頃お店に行ったら、『6時頃できますが、ご予約なさいますか?』と言われたほどです。)していました。

でも、お祭りを楽しむつもりだったので、お願いして6時間後にたい焼きを3人で1個ずつ食べた記憶もあります。

そのくらい人気店なんです。

100828_3

今日は、たい焼き大好き人間であるUGにも食べてもらいたくて、箱につめてもらいました。

包み紙をみたら、結構支店があることに気付くと同時に、埼玉の東松山にもお店があることを発見!

びっくりしました。

100828_4

包み紙を取ってパンフレットを載せてみました。

100828_5

パンフレットも取ってみました。創業は明治42年なんですねぇ・・・

もう100年くらいの歴史があるってことですね!

100828_7

6個入りですが、左右交互に整然とたい焼きが並んでいます。

100828_6

1個出してみました。皮が固いです。

いわゆる1匹ずつ独立した型で焼き上げる『天然もの』なんです。

100828_8

♪少し焦げあるたい焼きさ♪と、およげたいやきくんの歌詞の通り焦げがあるたい焼きです。

100828_10

改めてパンフレットを見てみましょう。

100828_11

非常に固いたいやきで、翌日になるとカチンコチンになってしまうため、冷めた後もおいしく食べる方法が色々と紹介されています。

その中で、油で揚げる方法も紹介されていて、面白いけど、どうなのよって感じです。

100828_12

歴史ある老舗のたい焼きは、出来立てを食べるのが一番。

あんこがおそろしくおいしいたい焼きです。

是非、麻布十番に行ったときには少し待ってでも買って、すぐに食べてみてください。

その際は、あんこで口の中を火傷しないでくださいね。

ちなみに、この日たかちは、お昼頃お店に予約の電話をして16時渡しでお願いしました。

取りに行ったときは、20分待ちで、たい焼きをもらって精算して、お店を出るときには40分待ちになってました。

最後に、東京の三大たい焼きは、ここ麻布十番の浪花家総本店、四谷のわかば、人形町の柳屋だそうです。

UGイチオシの『根津のたいやき』は、人形町の柳屋の支店だそうです。

さめてもおいしいたい焼きを目指しているのだそうで、一度食べてみたいです。

ちなみに、四谷のわかばのたい焼きについてのエピソードを一つ。

近くに本社のある『飛島建設』で大型プロジェクトを落札すると、担当部署全員にたい焼きが振舞われるらしいです。

昔、飛島建設に勤めていた方から聞いたことがありますが、本当かどうか、又現在も実施されているかは、定かではありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こいのぼり焼@加須

100314_6

加須の駅ビル内に『こいのぼり焼』なるものがあると聞きつけたので、行ってみることにしました。

加須は、こいのぼりの生産地でもあるので、こいのぼり焼なるものも登場したのだと思います。

100314_3_2

まぁ、大概の方は想像できたと思いますが、たい焼きならぬ『こいのぼり焼』です。

ひげがちょろっと生えていることと、口が大きいことです。

100314_4_2

正面から見ると、何だかわかりません(^^:

100314_5_2

100314_6_2

左が白玉入りの小豆です。他のものより高いです。

白玉がアクセントになっていておいしかったです。

右は白あんです。これは鶴ばばのリクエストです。

100314_7

100314_8 次に左側が抹茶あんで、お茶の香りが爽やかな感じです。

右側は、いもあんで、小江戸在住には、このいもあんは非常に親近感が沸きます。

もちろん、おいしかったですよ。

100314_9

ラストは、クリームチーズです。これはクリームチーズ好きのかぱちのリクエストでした。そのまんまクリームチーズなので、甘くないバージョンですね。

こいのぼり焼は、全体的には皮厚めだったので、たかち好みではありませんでした。

100314_1_2 こいのぼり焼の他にも、たこ焼きなどを販売しており、『たこ焼(ミックス)』なるものが販売されていたので、合わせて購入しました。

たこの他エビとホタテが入っています。

ホタテは小柱みたいのが入っているので、殆どホタテとは気付かないかもしれません。エビはたかちは食べなかったのでわかりません。たこは普通においしかったです。

但し、特筆すべきは、冷えてもおいしかったことですかね。

まずまず旨し。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

あんみつ | いか焼き | いがまんじゅう | うどん・そば | うなぎ | おでん | おにぎり | おみやげ | お刺身 | お好み焼き | お弁当 | お花見 | お茶漬け | お菓子 | お酒・飲料 | お鍋 | かき氷 | かりんとう | かりんとうまんじゅう | くず餅 | しゅうまい | その他 | その他スイーツ | たい焼き | たこ焼き | だんご | とんかつ | どら焼き | ぬいぐるみ | はちみつ | まんじゅう | もつ煮 | やき豚 | ゆべし | わらび餅 | アウトレット | アーカイブス | カキ料理 | カステラ | カレー・シチュー他洋食 | キャラクター | ケーキ | コストコ | コーヒー | シュークリーム | ステーキ・ハンバーグ | スーパー | ソフトクリーム・アイスクリーム | チョコレート | チーズ | テーマパーク | デリカテッセン | ドライブ | ドーナツ | ハンバーガー | バイキング | バーベキュー | バームクーヘン | パスタ | パン | ピザ | ファミレス | ファーストフード | フルーツ | プリン | ラスク | ランチ | ラーメン | レモン牛乳 | ロールケーキ | ワイン | 中華料理 | 串かつ | 丼物 | 二郎系 | 五木ひろし | 京都 | 佃煮 | 味覚狩り | 和菓子屋 | 和食・懐石 | 四国 | 四国銘菓 | 夜景・ライトアップ | 大学芋 | 大福 | 天ぷら | 奈良 | 宅配 | 寄席 | 寿司 | 居酒屋・バー | 御朱印 | 惣菜 | 手づくり | 摂津三十三所観音霊場 | 散歩・ハイキング | 旅行 | 最中 | 松茸 | 水ようかん | 海産物 | 温泉 | 漬物 | 焼きそば | 焼きとり系 | 焼きまんじゅう | 焼き芋 | 焼肉 | 煎餅 | 牛たん | 生クリーム大福 | 神社・仏閣 | 紅葉 | 羊羹 | | 花火大会 | 芸術 | 西国三十三所観音霊場 | 調味料 | 讃岐うどん | 豆腐 | 豚まん | 遊覧船 | 道の駅・直売所 | 釣り・潮干狩り | 釣果で料理 | 鉄道 | 飛行機 | 餃子 | B-6君 | B級グルメ