お刺身

かつおのタタキ丼@鰹処ぼっぢり(ひろめ市場内)

130428_0

高知に行ったら、まず『かつおのタタキ』を食したいと思っていました。

かぱちなんか、高松に来てからもかつおのタタキを食べていなかったんです。

『高知に行ってから食べる~』ってね。

で、高知に行ったので、ひろめ市場で朝食を食べることにしました。

130428_3

観光市場なのであまり期待していなかったのですが、色々なお店が軒を連ねています。

有名な『明神丸』は混んでいる上に、かつおのタタキのパックが1つしかなかったので、あえて『鰹処 ぼっちり』というお店で食べることに。

130428_4

たかちが頼んだ『かつおのタタキ丼』です。750円だったかな?

130428_5

かつおのタタキがヅケ状になっているみたいです。

だし醤油がかかっているのかもしれません。

さらした玉ねぎもウマウマでした。

130428_6

高知の方に言わせると『かつおのタタキは厚く切ってなくちゃいけん』らしいです。

1センチくらいの厚さに切って、2~3枚食べりゃあ充分とのこと。

さすがにこのお店ではその厚さに切られているはずもなく・・・

でも、充分おいしかったですよ。

130428_7

かぱちは『山かけタタキ丼』です。

かつおのタタキ丼にすりおろした山芋がトッピングされています。

130428_8

これまたおいしそうですねぇ・・・

130428_9

1切れもらいました。山かけもうんまいです。

ツルツルッて入っちゃいますね。

かつおのタタキ素人さんのたかちとかぱちは、充分に堪能しましたよ。

ちなみに生物がダメな鶴ばばは、このひろめ市場でも『ラーメン・餃子』でしたよ(^^;

今度ご紹介します。かつおの餃子でした!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

じゃこや@道の駅源平の里むれ

130330_1

高松に移住してすぐの頃、牟礼にある『道の駅 源平の里むれ』まで行ってきました。

130330_1_2

ちょうどお昼時でお腹も減ったので、何か食べることに・・・

そしたら、『じゃこや』という海鮮ものの定食屋さんがあったので入ってみました。

130330_2

ザ・めしややおくどさんみたいに、好きなおかずを自分で選んで、最後にご飯とみそ汁を頼んで会計をするという、セルフ方式というか、カフェテリア形式のお店です。
130330_3

会計を済ませてから、テーブルに着きます。

結構お客さんが来ていましたよ。

130330_4

お刺身だけでも何種類もあり、煮魚系、焼き魚系、フライ系、その他サイドディッシュ系もあり、ついつい色々と取ってしまって、割高になってしまいました。

130330_10

鶴ばばはこんな感じのセットになりました。


130330_11

たいらぎ貝のフライです。

ホタテフライに似ています。

たいらぎ貝が甘くておいしかったです。

130330_12

魚系が比較的苦手な鶴ばばは、結局この手の煮もの系に逃げます。

ただ、海鮮ものが売りのお店ですが、この様に魚系以外の小鉢なんかも充実していて、魚系が苦手な方も大丈夫です。

130330_13

切り干し大根もチョイス。

比較的あっさり炊けていて美味。

130330_14

かぱちはこんな感じのセットになりました。

130330_15

メインは『イワシの梅煮』です。

骨まで食べちゃいましたが、少し気になる程度です。

味は抜群でした。

魚の臭みもありません。さすが新鮮なんですね。

130330_16

長いもとキュウリの酢の物です。

多少甘めですが、酢が味のアクセントになって、箸休めに最適でした。

130330_17

かぼちゃとあずきの『いとこ煮』もチョイス。

さすが女性です。デザートまでしっかりとキープです。

130330_4_2

たかちは・・・取りすぎちゃいました。

130330_5

まずは『タイのお刺身』です。コリコリではなく、柔らかかったです。

これはこれで旨し。

130330_8

カレイのから揚げです。

頭の尾びれ以外全部食べちゃいました。

二度揚げしているらしく、骨まで食べられました。

130330_9

サバの甘酢あんかけです。

3切れあったので、3人で仲良くシェアーしました。

お酢が効きすぎていないので、お酢が苦手な方にもいいかもです。

130330_7

これは『イカとエリンギのバター醤油炒め』です。

これは味が濃かったですが、いかが柔らかかったです。

130330_6

最後に『かき飯』です。

ひそかに高松はカキの養殖が盛んです。

ただし、今回(大)を頼んでしまったので、ものすごい大盛りにびっくりしちゃいました。

まだまだ食べてみたいものがたくさんあったので、また行ってみたいお店です。

『道の駅 源平の里むれ』のHP

http://www.genpei-mure.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オリジナルな定食@めしや食堂

121124

兵庫県に行ったときに、急遽立ち寄った『めしや食堂』です。

121124_3

初めて入りましたが、明るくきれいなお店です。

121124_2

カフェテリア形式で、食べたいおかずをトレーに載せ、最後にごはんとみそ汁も頼んで会計します。

121124_5

鶴ばばはこんな感じです。

121124_6

エビ天とかぼちゃ天です。カラッと揚がっています。

121124_7

ナスとインゲンのしぎ焼きです。

甘辛味噌煮です。シメジも入っていました。

味付けもちょうどよく美味です。

121124_8

鶴ばばの大好きな味噌おでんです。

121124_9

かぱちはこんな感じでした。

121124_10

イワシのフライです。大葉が入っていておいしかったです。

121124_11

鶏のから揚げにおろしポン酢です。それとひじき煮もついていて、これまた美味。

121124_12

豆腐のサラダはたかちは食べませんでしたので味はわかりません。

121124_13

たかちは、みんなでシェアーするおかずも選んだので多めです。

121124_14

まずは目の前で焼いてくれる『玉子焼き』です。

だし巻きなのでご飯によく合いました。

121124_15

まぐろも赤身ですが。スジっぽくなく美味。

121124_16

タラの西京焼きもかぱちに大好評でした。

121124_20

カキフライは・・・イマイチかな?

でもタルタルソースは取り放題なので多めで食べました。

121124_18

ご飯は大盛りです。おいしいご飯です。

お米がいいんだと思います。

121124_19

ゆかりがテーブルにおいてあるので、ゆかりご飯にして食べました。

色々頼んだので、結構いいお値段になりました。

おかず2品にご飯とみそ汁くらいなら700円前後で食べられるんじゃないかなぁ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

海の見えるレストラン『魚菜亭』@道の駅みつ

121007_4

さぁ、『道の駅みつ』の中にある『魚菜亭』で、ランチにしましょう!

121007

農産物や魚介類の直売所の奥に食事処があります。

ちょうど満席で、少しだけお待ちになりました。

相変わらず、たかちたちは『あ~でもない、こ~でもない』と色んな話をして席が開くのを待っていました。

121007_1

15分くらいで、窓側の席に案内されました。

121007_2

テーブルからは、瀬戸内海が見えます。

海を見ながら食事なんていいですねぇ・・・

121007_5

鶴ばばに『なぎさ膳』を頼んでもらいました。

鶴ばばは、天ぷら大好き人間なのですが、生ものが食べられないんです。

だから、お造りはたかちが食べます。

121007_1_3

天ぷらはサックリ揚がっていてとてもおいしかったです。

実は、鶴ばばとかぱちに少しずつもらいました(^^;

121007_3

かぱちは『瀬戸膳』です。

鶴ばばの『なぎさ膳』のお造り豪華版です。

121007_1_2

さざえの刺身が一番おいしかったです。

たかちは食べませんでしたが、タチウオの刺身がおいしかったそうです(かぱち談)。

121007_6

たかちは『穴子丼』にしました。

宮島口で買って、広島の平和記念公園で食べた『あなご飯』の味が忘れられず、ここでも頼んでしまいました。

121007_1_4

水菜に隠れてしまっていますが、結構穴子が入ってましたよ。

もっと穴子を堂々と盛り付ければいいのに・・・

121007_2_2

味付けや食感も宮島口のあなご飯に近いです。

おいしかったなぁ・・・

かぱちも穴子丼も食べたいし、お刺身も食べたかったので、ちょうどシェアーできてよかったです。

121007_3_2

みそ汁は『渡り蟹半身とふのり』でした。

生もの同様に『磯の香り』がダメな鶴ばばは、このみそ汁もNGでした。

もったいないことです。

もちろん鶴ばばが食べられないものは、かぱちとたかちがおいしくいただきました。

121007_4_2

ご飯を食べたあと、直売所でみかんを買いました。

10個で300円でした。

今年は豊作のようです。さらに甘みも強いとか。今年はいっぱいみかんを食べよーっと!

道の駅みつのHP

http://www.totonaya.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ザ・どん@北心斎橋店

1203250

先日、心斎橋筋商店街に行ってきました。

色々と見て回るうちに、お腹が減ってしまいました。

そんな時に、このお店を見つけたんです。

120325

海鮮丼からカツ丼まであり、たかち、かぱち、鶴ばばの3人がそれぞれ食べたい丼が食べられるお店なんです。

120325_1

最初は空いていた店内ですが、たかちたちがお店を出る頃には、結構なお客さんが入ってましたよ。

120325_2

鶴ばばは、親子丼を注文。

120325_3

この親子丼、関東風に近い味付けで、結構濃いめなんです。

久しぶりに、この手の丼を食べたって感じです。

鶴ばばが半分残したので、残りを食べたから味がわかるんです。

120325_4

かぱちは『甘えびサーモン丼』です。

サーモンは食べませんでしたが、甘えびはその名の通り甘くてトロッとしていておいしかったです。

120325_5

結構なボリュームですよ。

120325_6

たかちは『まぐろねぎとろ丼』です。

3つの中では、720円と一番高価です。

120325_7

まぐろの盛りが少し少ないかも・・・

たっぷりのわさび醤油で、ご飯をかっ込むって感じでした。

決して味は悪くありません。

値段相当のお店かな?

ザ・どんのHP

http://www.the-don.co.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

磯心@吹田

120211

昨日、JR吹田駅に程近い『磯心』に行って来ました。

実は、このお店、会社の大先輩であるスーさんの御贔屓のお店なんです。

今月末で退職してしまうのですが、その送別会を兼ねて、気心知り合う、ナベ先輩、ハラちゃんとたかちの4人で飲みに行ったんです。

120211_1

そのとき、スーさんが教えてくれたのは、『吹田は古い街で、商店街も発達しているんだけど、おいしい料理を提供してくれる店が殆どない。けれど、この磯心は美味しいよ。ランチもいいから、今度食べに来てみたら?』でした。

確かにお刺身をはじめ、魚介系がとっても美味しかったんです。

で、土曜日の昼過ぎに、かぱちと鶴ばばを連れて同店を訪ねてみたんです。

120211_2

実は、鶴ばばが『釜めし』を食べたいといっていたので、前回の飲み会の〆に『地鶏の釜めし』を食べて、超美味しかったので、連れて行きました。

しかし、お昼のメニューには、残念ながら時間がかかる釜めしのメニューはなかったです・・・

120211_3

で、天麩羅好きの鶴ばばは『天丼(780円)』を注文。

エビが3本も乗ってます。

その他かぼちゃ、さつまいも、ししとう、なすが乗ってました。

エビがプリプリで揚げたてアツアツでとてもおいしかったとのこと。

120211_4

かぱちは、たかちが言った『お刺身が美味しい』というのを聞いて、『海鮮丼(1,000円)』を注文。

この量を見る限り、大した事なさそうに見えますが、ネタの全部が新鮮で美味しいと、大喜びしてくれました。

120211_5

たかちは、『天麩羅定食』にしました。これで1,200円です。

120211_1_2

まずはメインの天ぷらです。ほんとにアツアツでプリプリのエビが美味しかったです。

カボチャもネットリしていて美味。レンコンもサクサクでしたよ。

サラダ油で揚げてあって、とっても軽いんです。

120211_2_2

こちらが、マグロ、タイ、ハマチの3種盛りです。これがサイドディッシュなんです。

都内の下手なランチ処で食べようものなら、こんなに新鮮じゃないクタ~ッとした刺身で『刺身定食』って出すお店があると思います。

ハマチなんかコリコリしています。脂もくどくなくて、ハマチがあまり好きではないたかちも、美味しく食べられました。

タイも身が締まっていて、美味しかったです。

マグロも言うことなし。

関西に来て、初めてお刺身が美味しいと思ったお店がここ『磯心』です。

120211_3_2

アッと言う間に完食でした。

この磯心は、スタッフの接客も、ものすごくいいんです。

笑顔をもって対応してくれます。

料理、接客、全てに満点なお店です。

夜の部も、そんなに高くないし、お店に入ったときは、古くて敷居が高そうに見えるかもしれないけど、大丈夫です。

是非行ってみてください。

磯心のHP(@city【吹田】)

http://suita.atcity.jp/store/view_188.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

丸富水産@池袋東口店

110603

たかちの高校時代の仲間と行った事のある、丸富水産の池袋東口店にかぱちと一緒に行きました。

110603_5

ここは、大あさりの焼いたのとか、貝類が充実しています。

予約なしで行ったのが甘かったです・・・

110603_1

ちょうど満席状態です。

お店の人に何回も「とにかく狭いですよ」と言われて通されたのが、トイレの前の通路にビールのP函をひっくり返して二段重ねにしてテーブルにして、その上にお盆を乗せた、急ごしらえの『立ち飲み用テーブル』でした(^^;

テーブル席が空き次第そちらに移るという事で・・・

110603_2

この赤カブ漬はサービスしてくれました。

まずは生ビールで乾杯です。

110603_3

ここでは貝焼きを楽しみたいです。

テーブル席にはガスコンロがあって、自分で貝を焼いて食べられます。

しかし、立ち飲み席では『焼き物禁止』でした。

泣く泣く揚げナスでつなぎます。

110603_4

続いて、『お魚の南蛮漬け』です。

南蛮漬け好きなたかちとかぱちは満足です。

110603_6

続いて、他のお客さんが食べていたのを見て頼みました。マグロの中落ちです。

これまた美味!

110603_7

こちらは焼くことも許されないなら、せめて刺身でもと言うことで『ミル貝刺し』です。

甘くて、コリコリしていてうんまいです。

110603_2_2

ここで、1階の入口付近のテーブルが開いたとのことで移動しました。

やっと座れました。

しかし、入口に臨時で作ったテーブル席なので、ここにもガスコンロはありません。

110603_11

まずは、丸富水産の名物『豪快盛りの大関』を注文。

どれを食べてもおいしいお刺身たちでした。

110603_8

たかちがどうしても食べたかった『大あさり』ですが、自分で焼くことが出来ないので、厨房で焼いてもらいました。

大アサリは正確に言うと『ウチムラサキ』というアサリに似た貝です。

昔、釣り仲間がこのウチムラサキを大量に持ってきてくれて、釣場で酒蒸しにして食べた時の味が忘れられません。

そのときよりも2回りくらい小さいけれども、これでもおいしかったです。

110603_9 

続いてミル貝も焼いてもらいました。

刺身と違ってシコシコしていて、甘くて旨かったなぁ~

大アサリよりもおいしかったかも・・・

110603_10

とどめは『サザエのツボ焼き』です。

サザエのキモが濃厚でおいしかったです。

ちなみにかぱちはそんなに好きではないらしくパスしました。

110603_12 

これは、たかちがどうしても食べたかったエビフライです。

デカイ!食べ応えアリアリでした。

110603_13

これはかぱちが注文した『ジャガバター漁師風』です。

北海道では、茹でたじゃがいもに塩辛を乗せて食べます。

これが以外や以外、とってもおいしいんです。

110603_14

そして食べて飲んだ〆は、『いくらこぼれ』です。

かっぱ巻きの上にイクラがトッピングされていますが、いくらこぼれは些か言いすぎの感ありです。

そもそもイクラがこぼれてません。

これにビールやチューハイなど結構飲んで、2人で1万円しませんでした。

新鮮な魚介類が食べられてこのお値段は、コストパフォーマンスがいいかも!

但し、店舗は山手線の駅にしかありません。

関西他地方の方は、東京に行ったときに是非寄ってみてください。

丸富水産のHP

http://marutomi.foodex.ne.jp/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花いち@川越総合地方卸売市場

110305

昔たかちは、大宮にある市場の近くで仕事をしていました。

ランチでたまに行ってたお店が『花いち』でした。

当時、刺身定食とかイカフライ定食とか、ボリュームがありまして、たまに食べに行ってました。

川越総合地方卸売市場内にもその支店があると聞き行ってみました>

110305_1

『元祖わがまま丼の店』とありますが、大宮のお店に当時わがまま丼があったかどうかは、もう忘れてしまいました。

お店の前に行列ができていて、約10名ほど並んでいました。

20分くらい待ったかな?

110305_2

わがまま丼の他にも中おち丼や煮魚定食や刺身定食なんかもあるようです。

平日のランチとしては、少し高いかな?とも思いますが、休日のブランチとしてなら、まぁそこそこのお値段でしょうか・・・

110305_3

店内は、こんな感じです。テーブル席と小上がりの座敷席があります。

店内では、お姐さんたちが、片付け、オーダー取り、給仕と大忙しです。

110305_4

生ものがダメな鶴ばばは、網代でのカツ丼に続き、今回も『ジャンボメンチカツ定食(850円)』を注文。

ご飯の丼やお椀の大きさから、メンチの大きさも類推願いたいのですが、普通の大きさのメンチに比べると、4個分はあると思います。

110305_1_2

しかし、玉ネギの粗みじんがたっぷり入っていることと、ギュウギュウ詰めのメンチではなく、ほっこりしているので、意外と食べられます。

出来合いのメンチでは絶対に出せない手づくりの味です。

鶴ばばは、頑張って半分食べてました。

残りの半分をたかちとかぱちで食べました。

110305_5

続いて、かぱちの『わがまま丼+ジャンボエビフライ+潮汁(1,800円)』です。

やっぱり、このお店に来たら『わがまま丼』ですよねぇ・・・

110305_1_3

ねぎとろ、イクラ、ウニ、とびっこ、錦糸卵、かいわれ大根、うずらの卵が白飯にトッピングされています。

もう、言うことなしです。

110305_6

そしてこれが『ジャンボエビフライ』です。向こう側のおしぼりと比べてください。

デカイでしょ?ただ、全体の大きさの4割くらいは、頭とシッポです・・・

110305_1_4

しかし、1口食べましたが、たかちが大口を開けて頬張るくらい太いエビでした。

110305_7

そして、潮汁です。

鯛の頭の部分が半身入っていて、結構食べる部分がありました。

鯛のだしだけで、塩味のシンプルな汁物でした。

110305_8

そして、たかちは『スペシャルわがまま丼(1,500円)』です。

普通のわがまま丼に甘エビとイカがトッピングされています。

110305_3_2

いくらは別盛りになっています。熱燗が欲しいですねぇ。

これらを肴に結構飲めます。

110305_1_5

いくらもトッピングしました。すんごい旨そうです。

スプーンがあったので、スプーンですくいながら食べました。

110305_25

途中、メンチを食べたり、鶴ばばのご飯も半分くらい食べたので、超お腹がいっぱいになりました。

川越でこんなにおいしいわがまま丼が食べられるのであれば、海の近くまで行くことはないです。

今度は、ぴょろん太くん、UG、じじ、ばばも連れて行ってあげたいお店です。

絶対にもう一度行くと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鮨大前@日比谷

11011

有楽町駅からJRのガード伝いに新橋方面に進み、晴海通りを越え、やきとり屋のところをガードの下に潜ったところにある『鮨大前』があります。

何回かテレビなんかにも登場しているらしいです。

11011_1

特に、光物にこだわりがあるらしいです。

ここのところお休みしていますが、アジ釣り師でもあり、光物大好き人間たかちには、とても興味のあるお店です。

11011_3

店内はL字型のカウンターに8席しかなく、なかなか予約が取れないらしいです。

あっしが予約したわけではないので悪しからず・・・

で、カウンターの中では、大将と大将の息子の二人で立ちます。

一見頑固そうな大将ですが、話せば色々と話をしてくれます。

11011_4

壁にはお客さんが書いてくれたという鯖の絵が飾ってあります。

11011_6

頼まずとも大将が切ってくれます。最初は、〆サバは2種類。長崎産のゴマ鯖に三重産の真鯖です。

脂の乗りから言えばゴマ鯖です。さっぱり食べたいのであれば真鯖に軍配が上がります。

その食べ比べができます。

また、1切れの大きいこと!更に、殆ど〆ておらず、鯖の表面の身が0.5ミリ程度白くなる程度で、殆ど生です。

新鮮じゃなきゃできません。市場で仕入れた鯖をその日のうちに使いきるのだそうです。

その他、大トロ、ホタテ、ボタンエビ、赤貝、シマアジなどもおいしかったです。

11011_7

続いて、カワハギのキモ醤油です。

フグにも似た食感で、キモがある分、たかちはフグよりも好きです。

いやぁ、うんまいです。幸せです。

11011_8

これがカワハギのキモを醤油で溶いたもの。

いつもなら、醤油にわさびを溶かして食べるたかちですが、この日ばかりは、都度刺身にわさびをつけ、醤油に溶かさずに食べました。

わさびの香りを楽しむためです。

11011_9

これは、スミイカの刺身です。これも旨かったなぁ・・・

スミイカなのに身が厚いんですよねぇ・・・

11011_10

最後に握ってもらいました。

うっかり写真撮るのも忘れて食べちゃいました。

これは、珍しい鯖の巻き寿司です。鯖が飛び出しています。

11011_11

たかちが写真撮り忘れたので、他の人の鮨を1皿にまとめてもらいました。

左から小肌、サヨリ、スミイカ、鯖の巻物です。

たかちは、全て光物にしたんです。

アジ、イワシ、小肌、鯖の巻物です。

11011_12

〆にエビの頭のみそ汁が出てきました。これもエビのダシがしっかり出ていておいしかったです。

このお鮨屋さん、お酒類も一応置いてあるんですが、持込OKなんです。

最初にビール(と言ってもこのお店、ビールは缶ビールなんです・・・)を3人で500缶2本、350缶1本飲み、持ち込んだ日本酒4合2本を2時間で空けちゃいました。

ビールと今回ご紹介したものを食べさせてもらって一人7,000円くらいです。

これだけおいしいものが食べられるのなら安いかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

海鮮丼@あじろ食堂

110109

先日、海鮮丼が食べたいと思い、伊豆まで食べに行ってきました。

10時頃自宅を出発したので、網代に着いたのは午後2時過ぎになってしまいました・・・

110109_2

お目当てのお店は、『あじろ食堂』です。宿泊施設もあるみたいですが、ランチとかもOK。

110109_5

店内は明るく、店員さんの接客も丁寧で、いい感じです。

110109_6

窓からは、初島も間近に見ることができました。

ロケーションも最高です。

110109_3

生ものがダメな鶴ばばは、天丼に行くかと思いきや、カツ丼に行きました。

何も網代まで来てカツ丼とは・・・

さらに、カツの肉の固いこと固いこと。

いやぁ、さすが魚を売りにしているお店です。肉には全く力が入らないのでしょう。

いっそ、メニューから外してもいいのではないかと思うくらいでした。

110109_4

かぱちとたかちは『海鮮丼』です。マグロ、ネギトロ、サザエ、ボタンエビ、ホタテ、ハマチ、イクラ、イカ、カマボコが入っていました。

110109_1

アジが入っていないのには驚きましたが、さすが彩りよく盛られています。

110109_2_2

おみそ汁は、アオサのみそ汁です。塩加減もちょうどよくおいしかったです。

110109_3_2

たかちのマグロはとてもスジっぽくてダメでした。

それ以外のネタでは、たかちとしてはあまり好んでは食べないのですが、ハマチはおいしいと思いました。

イカはネットリタイプではなく、コリコリタイプでした。

う~ん、本当は、伊東の魚河岸の海鮮丼が食べたかったのですが、ランチタイムが過ぎてしまい、急遽あじろ食堂にしましたが、まぁ普通と言ったところでしょうか?

但し、席によってはロケーションが良いので、カップルなんかにはオススメかも。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

あんみつ | いか焼き | いがまんじゅう | うどん・そば | うなぎ | おでん | おにぎり | おみやげ | お刺身 | お好み焼き | お弁当 | お花見 | お茶漬け | お菓子 | お酒・飲料 | お鍋 | かき氷 | かりんとう | かりんとうまんじゅう | くず餅 | しゅうまい | その他 | その他スイーツ | たい焼き | たこ焼き | だんご | とんかつ | どら焼き | ぬいぐるみ | はちみつ | まんじゅう | もつ煮 | やき豚 | ゆべし | わらび餅 | アウトレット | アーカイブス | カキ料理 | カステラ | カレー・シチュー他洋食 | キャラクター | ケーキ | コストコ | コーヒー | シュークリーム | ステーキ・ハンバーグ | スーパー | ソフトクリーム・アイスクリーム | チョコレート | チーズ | テーマパーク | デリカテッセン | ドライブ | ドーナツ | ハンバーガー | バイキング | バーベキュー | バームクーヘン | パスタ | パン | ピザ | ファミレス | ファーストフード | フルーツ | プリン | ラスク | ランチ | ラーメン | レモン牛乳 | ロールケーキ | ワイン | 中華料理 | 串かつ | 丼物 | 二郎系 | 五木ひろし | 京都 | 佃煮 | 味覚狩り | 和菓子屋 | 和食・懐石 | 四国 | 四国銘菓 | 夜景・ライトアップ | 大学芋 | 大福 | 天ぷら | 奈良 | 宅配 | 寄席 | 寿司 | 居酒屋・バー | 御朱印 | 惣菜 | 手づくり | 摂津三十三所観音霊場 | 散歩・ハイキング | 旅行 | 最中 | 松茸 | 水ようかん | 海産物 | 温泉 | 漬物 | 焼きそば | 焼きとり系 | 焼きまんじゅう | 焼き芋 | 焼肉 | 煎餅 | 牛たん | 生クリーム大福 | 神社・仏閣 | 紅葉 | 羊羹 | | 花火大会 | 芸術 | 西国三十三所観音霊場 | 調味料 | 讃岐うどん | 豆腐 | 豚まん | 遊覧船 | 道の駅・直売所 | 釣り・潮干狩り | 釣果で料理 | 鉄道 | 飛行機 | 餃子 | B-6君 | B級グルメ