松茸

夢コスモス園@亀岡(10/12)

121021

かぱちはコスモスが大好きなので、亀岡までコスモスを見に行ってきました。

亀岡運動公園の近くで毎年開催している『夢コスモス園』です。

121021_1

コスモス畑に行く前に腹ごしらえをします。

なんと言っても『花より団子』なんですもん(^^;

121021_2

随分秋らしくなってきたとは言え、この日も日中日向にいると汗ばむ陽気です。

子供たちは『かき氷』をじいちゃんやばあちゃんにねだって買ってもらってました。

121021_2_2

たかちは1折500円で『松茸ご飯弁当』を購入。みそ汁まで付いてます。

松茸ご飯の素を使って炊き上げた感じです。たかち的にはご飯が柔らかすぎました。

121021_3

かぱちは、入口近くで販売していた『釜戸で炊いた松茸ご飯弁当』です。

121021_1_2

たかちが買った松茸ご飯より豪華そうです。こちらは600円でした。

121021_2_3

おこげが香ばしい・・・と言うよりは、少し焦げ臭い感じですが、釜戸炊きと言うことで許しましょう。

121021_3_2

見た目『松茸はどこ?』って感じですが、こちらの弁当は、細かいながら生の松茸を使っている感じがしました。

ご飯も固めでたかち好みでした。すだちの皮も少し入っていて爽やかな印象を与えてくれました。

121021_4

こちらの『鶏のから揚げ』は1パック300円です。

よくタレに漬け込んでから揚げてあるので、中までしっかり味が付いています。

揚げたてなので、胸肉なんですが、とってもジューシーに仕上がっていて、とてもおいしかったです。

食べる価値アリですよ。

121021_5

から揚げと同じお店で販売していた『だし巻き玉子』です。

これも1パック300円でした。

ほんのり甘く、ダシも効いていたし、ふっくら焼き上げてあるので、これまた美味!

121021_6

鶴ばばは350円で、大好物の『焼きとうもろこし』を購入。

でも、三人で松茸ご飯弁当2つとから揚げとだし巻き玉子まで食べたので、とうもろこしは晩ごはんの後食べました(^^;

121021_16

さぁ、少し遅めのお昼を取ったので、コスモス畑を見てみましょう!

コスモス畑に入る時点で、入場料大人600円を払います。

121021_23

色(種類)ごとに分けて植えてあるので、色のグラデーションも鮮やかです。

121021_24

今年は、猛暑だった上に、いつまでも残暑が厳しかったので、10月初旬には殆ど咲いていない状態だったみたいですが、やっと見頃を迎えた感じです。

121021_19

黄色いコスモスは珍しいです・・・?(たかちはあんまり花に詳しくないもんで・・・(^^;)

121021_21

画像だとピンクっぽく見えてしまうと思いますが、実際にはオレンジ色っぽいピンクです。

世界初のオレンジ色のコスモスなんだそうです。

121021_25

その他コスモス以外の花もきれいでしたよ。

121021_27

八重系のコスモスです。こちらは普通のコスモスに比べてゴージャスな感じがします。

121021_30

畑の真ん中に『見晴台』が設置されていたので、そこからパチリ。

ものすごい数のコスモスですね。整然と色分けされていて、バックの山々との相性もバッチリです。

121021_26

コスモスに感動しましたが、ユニークな案山子もたくさん展示されていて、コンテストも開催されています。

最後に投票できます。お気に入りの案山子のナンバーを覚えておいてくださいね。

で、トップバッターはコスモスならぬ、なでしこジャパンの『澤 穂希』選手です。

121021_31

こちらは、フィギュアスケートの『浅田真央』ちゃんです。

顔の特徴をよく摑んでますね。

121021_32

『イモトアヤコ』さんです。マンガチックですが、これも上手にできていますね。

121021_35

これも一目瞭然『黒柳徹子』さんですね。

トレードマークの髪型の他、目が似てると思います。

121021_36

極めつけは『マツコデラックス』さんです。

大きさ的にも目立ってました。

121021_37

お腹も目も満たしてくれた『亀岡の夢コスモス園』でした。

11/4まで開催されているとのことです。来週末も見頃は続くと思います。

コスモスに囲まれてみませんか?

亀岡『夢コスモス園』のHP

http://www.kameoka.info/feature/cosmos/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

松茸ごはん

いよいよ松茸ご飯を作ることにします。

0910101 まずは、普段よりていねいにお米を洗って、30分くらい水につけておきました。

今回は3合炊くことにします。

0910102 松茸を贅沢に2本入れることにしました。

土がついている石突の部分を、包丁でそぎ落とし、傘と軸の部分の汚れをキッチンペーパーに水を含ませて、よく拭きました。

その後、縦半分に切ってから薄く縦にスライスしたのがこの写真です。

0910103 鍋に醤油と厨酒を各45ccずつ入れ、塩小さじ1も入れます。

これで一度松茸を煮ようとしていますが、しょっぱくなりすぎないか心配ですが、ネットで調べたレシピを信じましょう。

0910104 さぁ、松茸を投入して点火!

かき混ぜながら煮ていきます。

0910105 沸騰したら弱火にして、煮含めます。

松茸と醤油の香りが家中に染み渡り、極楽の世界へ誘ってくれます。

0910106 水につけておいたお米を一度、ザルに明け水気を切ってから、炊飯器に戻し、まずは松茸を煮た煮汁だけをお米の上から流しいれます。

その後、3合の目盛りまで水を足し、最後に煮上がった松茸も入れざっくりと味が均一になるようにかき混ぜます。

そしてスイッチオ~~~ン!

0910107 40分後、炊き上がりました~っ!

『松茸ご飯の完成で~~~す!(マチャアキ風に)』

松茸の香りが立ち込めます。更に厨酒効果でしょうか、微かにお酒の香りも混じり、松茸と醤油の香りを一層引き立てていると同時に、ご飯もふっくらしているようです。

かぱち『わ~い!わ~い!永谷園のお吸い物の匂いがする~~~!』

たかち『・・・・・・・・・(言葉が出ず・・・)』

0910108 少し固めに炊き上がりましたが、さすがに松茸2本入れると、そこかしこに松茸があって、うれしいです。

金太郎飴みたいにどこをよそっても松茸くんがいます。

0910109 お茶碗に盛ってみた図です。

心配した塩加減も、さすがレシピ。ちょうど良かったです。

091010 松茸ご飯だけでよかったのですが、たかち特製の『ダシ巻き玉子』も作りました。

こちらにも厨酒を入れたからでしょうか、普段よりもふんわり仕上がったように思いました。

091010_2 その他、先日道の駅くろほね・やまびこで買ったきゃらぶきも箸休めとしました。

大満足の松茸ご飯の超ウルトラスーパー豪華な晩餐となりました。

まだ、5本残ってる・・・どうしよう・・・グフッ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

松茸と厨酒

0910091 人に頼まれて、松茸を購入しました(半分強制かな?)。

もちろん国産ではなく、カナダ産です。

0910092 自宅で松茸を見るのは何年ぶりだろう?

さすがカナダ産です。1本がデカい。

たかちがかったものは、木箱に入って、松茸が7本とすだちが2個ついてました。

たかちのイメージとしては、傘の部分が、もっとこげ茶色していて、小ぶりな感じなんですが、お国柄なんでしょうか?

さすがに国産のものは高いらしく、8月~9月頃は中国産、9月~10月は韓国産、10月~11月はカナダ産が主流らしいです。

むか~し、中国産の小さい松茸を4本1,980円で買ったことがありましたが、香りが殆どなく、それ以来松茸からはご無沙汰していたように記憶しています(その記憶も今となっては定かではないが・・・(^^;)。

0910093 クンクンと香りを嗅いだところ、松茸の香りがします。

松茸ご飯にしよう!

0910094 あと、どうやって食べようか?

やっぱり醤油をタラッとたらして、すだちをキュッと搾って焼き松茸?

えび、鶏肉、銀杏と共にかつおの一番ダシで土瓶蒸し?

もったいないから、冷凍保存?

調べてみたら、新聞紙に包んで、冷凍用の保存袋に入れれば、冷凍保存が可能らしいです。料亭でもこの方法を使って保存しているところもあるらしいです。

こんなことは滅多にないので、調理したら報告します。

091009 『純米料理酒 厨酒(くりやざけ)』というものをもらいました。

伏見にある寛政3年創業の松本酒造が作ったお酒です。

純米の料理酒で、高級な料理酒らしいです。

料理にお酒を入れますが、この厨酒は、普通のお酒に比べてアミノ酸が約6倍も入っているらしく、普通のお酒の1/3の量で十分らしいです。

単純計算でも6÷3=2だから、2倍はアミノ酸が入るって事ですよね。

普通の料理酒に比べて多少は高いのでしょうが、これも使ってみたいです。

0910092_2 首掛けのパンフレットも掲載しておきますね。

これによると、料理をおいしくするために、特別に仕込んだお酒らしいです。

ご飯を炊くときに2合に対し小さじ1程度入れるとふっくらと炊き上がるとの事。

さらに、飲んでもおいしいらしいです。

0910093_2 なんか、最後は松本酒造の回し者みたくなっちゃいましたが、少量でうまみが増すのであれば、料理人たかちとしては、うれしい限りです。

まつたけを調理するときに使おうっと!

松本酒造のホームページ http://www.momonoshizuku.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

あんみつ | いか焼き | いがまんじゅう | うどん・そば | うなぎ | おでん | おにぎり | おみやげ | お刺身 | お好み焼き | お弁当 | お花見 | お茶漬け | お菓子 | お酒・飲料 | お鍋 | かき氷 | かりんとう | かりんとうまんじゅう | くず餅 | しゅうまい | その他 | その他スイーツ | たい焼き | たこ焼き | だんご | とんかつ | どら焼き | ぬいぐるみ | はちみつ | まんじゅう | もつ煮 | やき豚 | ゆべし | わらび餅 | アウトレット | アーカイブス | カキ料理 | カステラ | カレー・シチュー他洋食 | キャラクター | ケーキ | コストコ | コーヒー | シュークリーム | ステーキ・ハンバーグ | スーパー | ソフトクリーム・アイスクリーム | チョコレート | チーズ | テーマパーク | デリカテッセン | ドライブ | ドーナツ | ハンバーガー | バイキング | バーベキュー | バームクーヘン | パスタ | パン | ピザ | ファミレス | ファーストフード | フルーツ | プリン | ラスク | ランチ | ラーメン | レモン牛乳 | ロールケーキ | ワイン | 中華料理 | 串かつ | 丼物 | 二郎系 | 五木ひろし | 京都 | 佃煮 | 味覚狩り | 和菓子屋 | 和食・懐石 | 四国 | 四国銘菓 | 夜景・ライトアップ | 大学芋 | 大福 | 天ぷら | 奈良 | 宅配 | 寄席 | 寿司 | 居酒屋・バー | 御朱印 | 惣菜 | 手づくり | 摂津三十三所観音霊場 | 散歩・ハイキング | 旅行 | 最中 | 松茸 | 水ようかん | 海産物 | 温泉 | 漬物 | 焼きそば | 焼きとり系 | 焼きまんじゅう | 焼き芋 | 焼肉 | 煎餅 | 牛たん | 生クリーム大福 | 神社・仏閣 | 紅葉 | 羊羹 | | 花火大会 | 芸術 | 西国三十三所観音霊場 | 調味料 | 讃岐うどん | 豆腐 | 豚まん | 遊覧船 | 道の駅・直売所 | 釣り・潮干狩り | 釣果で料理 | 鉄道 | 飛行機 | 餃子 | B-6君 | B級グルメ