釣り・潮干狩り

5/4釣行@高松某所

130504_4

埼玉在住時代に始めた海釣り。

埼玉から千葉勝浦まで片道3時間。

群馬時代では片道4時間。

大阪時代は海がグッと近くなって芦屋浜まで40分。

そして、ここ高松では15分もあれば竿が出せます。

しばらく遠のいていた陸っぱりを復活させたいと思いまして、16時過ぎに自宅を出発。

釣り場に着いたのは16時20分。

早速かぱちの竿を作り上げました。

130504_3

続いて、たかちの竿にかかります。

130504_6

この時期は釣れないであろう、サビキ仕掛けによるアジ釣りを敢行。

たかちが自分の竿に仕掛けをつけているうちに、かぱちの竿にサビキには掛かりにくいサヨリちゃんがヒット!

これは幸先がいいですねぇ。

俄然やる気が出てきます。

130504_14

2時間竿を出したところで日没です。

かぱちにもう1尾サヨリちゃんがヒットしましたが、すんでのところで痛恨のバラシ!

結局、たかちには1回としてアタリもなく納竿とあいなりました。(T-T)

130504_15

スマートで銀色の体がきれいですねぇ。

結構大きいです。

130504_16

計測では24.5cmありました。

このサイズなら十分にお造りにできそうです。

130504_17

たかちが3枚に下ろしました。

半透明の身がきれいです。

130504_21

結局、半身を3つに切り分け、計6枚のサヨリのお造りができました。

つい3時間前までは海で泳いでいたサヨリちゃんですから、新鮮さバッチリです。

とてもさっぱりとしていて、甘くおいしかったです

かぱちのビギナーズラックのおかげで思わずサヨリのお刺身が食べられて満足です。

ちなみにたかちがサヨリちゃんを下している間にかぱちが釣り道具を洗っていました。

夫婦の役割が逆じゃん???

ちなみに釣り場については、写真は掲載しますが、場所は『某所』とさせていただきます。

釣り場はみなさんのものですが、各釣り場には常連さんがいらして、各釣り場をとても大切にされておりますので、あえてたかちからは場所を掲載しないことにしています。

賛否両論あろうかと思いますが、ご勘弁ください。

また、釣りに行ったら釣行記と魚が釣れたら釣果の料理を掲載する予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なんとかジンタが・・・@尼崎市立魚つり公園

120915

最近夕マヅメ狙いを2回ほど続けましたが、本命を釣り上げることができなかったので、3連休初日の15日3時半過ぎにお家を出て、いつもの芦屋某所に出かけました。

しかしながら、駐車場の出入りが8時半から21時半とのことで、入庫することができないことがわかり、急遽釣場変更となりました。

すぐに日が昇るので、そんなに移動はできないと思い、ここ尼崎市立魚つり公園に予定変更です。

初めてなので、駐車場のシステムもよくわかりません。公園には5時前に着きましたが、確か公園の開園時間は6時のはずです。

なのに駐車場の入口には係員がいて、車を誘導しています。

公園近くにはいっぱい駐車スペースがあるのに『第二駐車場に行って下さい』と指示され、おかしいと思い、『公園に来たんだけど』と係りの人に言うと『その辺の空いてるところに停めて』とそっけなく言われてしまいました。

後で気付いたんですが、渡船が出ているんです。需要が結構あるみたいで、たかちたちも渡船に乗船するものと思われたみたいです。

知らないこととは言え、一言『渡船ですか?』と確認してくれてもいいと思うのですが・・・

120915_1

6時の開園まで時間があるので、少し仮眠をしていたのですが、5時半になったので受付に行ってみると、ちょうど建物がオープンして中に入ることができました。

開園前なのに結構な釣り人の数です。

120915_2

この桟橋の向こうに釣場があるみたいです。

この桟橋の袂に前から順番に並ばされます。荷物は整然と前から詰めておかないと、係員さんからご指摘を受けます。

最初は口うるさい係員だなぁと思いましたが、釣り人の安全と楽しく釣りをしてもらうためにしてくれていることがすぐにわかります。本当にありがたいと思いました。

120915_3

入場する順番が早かったので、狙い通り西側の外側に釣座を構えることができました。

しかし、釣り人気はすごいです。開園と同時にこの釣り人の数です。

120915_4

単独、夫婦、カップル、親子連れ・・・思い思いに竿を出しています。

日もすっかり昇り、たかち的には『アジ釣り終了』って感じなんですが、ポツポツと10cmにも満たないジンタがポツポツ上がります。

多分、本日の初釣りはかぱちのウルメイワシだと思います。取り込む寸前でポチャンと海にお戻りあそばされました。

120915_6

その後もポツリポツリとウルメイワシ、カタクチイワシに混じって時たまジンタって感じです。

サッパもゲットしたところで、エサがなくなり終了。

多分、1番最初に上がったんではないでしょうかねぇ・・・

120915_7

9時を回ったので、さすがにアジは来ないだろうとのことで納竿としました。

120915_10

これから1日中竿を出すのでしょうかねぇ・・・

一応入場券は大人1人800円で、4時間以内となっているようですが、現在、4時間以上いてもいいみたいです。

120915_11

魚つり公園の西側は武庫川の河口になります。

汽水域なのでボラやハネやハゼも上がるみたいです。

120915_12

この公園は『投げ釣り禁止』なので、カゴ釣りはできませんし、チョイ投げでブッ込んでおくこともできません。ルアー釣りも禁止のようです。

サビキと落とし込み中心の釣りなんですかね。

120915_13

本日の釣果

ジンタ4尾、カタクチイワシ16尾、ウルメイワシ6尾、サッパ1尾

バラシ多数でした。

ジンタは南蛮漬け、ウルメ、サッパとカタクチの一部は酢締めに、残りのカタクチは一夜干しにしました。

どんな感じに調理したか、別途ご報告します。

尼崎市立魚つり公園のHP

http://www.amagasaki-uoturikouen.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウルメイワシしか・・・@芦屋某所

120908 

自宅から近くて、駐車場から釣場までも近いというたかちにとって最優先課題がクリアされた釣場なので、昨日も行ってしまいました。

午後から明石まで転々と釣場を求めて目ぼしい場所を巡りましたが、ホームグランドとしての釣場はありませんでした。

それならば近くて、比較的ロレーションのよいここにしたわけです。

たまには相生より西とか日本海側とか泉南や和歌山方面に遠征すればいいですからね。

120908_1 

この日の心配は天気でした。大気が不安定なので、ゲリラ豪雨があるかもしれません。

道具を最小限にして釣りはじめました。

かぱちの竿を作って、エサの準備をしてから、たかちの竿を作ります。

そんな中、かぱちの竿にウルメイワシが1匹掛かっていました。

もう、大喜びです。

その後、たかちのウキもズボッと消しこみました。

それでもしばらくそのままにしておくと、ウルメが5連で上がりました。

かぱちも4連してました。

でも、群が非常に小さいのか、すぐにアタリもなくなってしまいました。

夕暮れ前後のマヅメにアジを期待しましたが、大粒の雨が!

鶴ばばもいたので、慌てて撤収です。たかちが片付け終わる頃には雨はすっかりやんでしまいました(^^;

120908_2 

結局13匹釣れましたので、お家に戻ってから、手捌きで『ウルメイワシの酢漬け』をつくりました。

120908_1_2 

手開きにして、半身にしたら酢にジャッポーンと漬け込みます。

大小さまざまですが、この半身の酢漬けが26枚できました。

但し、通常だと、半身の状態でクッキングペーパーの上に並べて塩を振って15分くらい水分を抜いてから酢に漬け込むとおいしいのですが、開いてすぐに酢に漬けたので、水っぽくなってしまいました。

もうチョット数釣れると料理にも気合が入るのですが・・・

次回はアジの顔が見たいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久しぶりのアジ釣り@芦屋某所

120819_2

たかちは、以前小江戸にいた頃、月一で千葉県の勝浦にアジを釣りに行ってました。

漁港の岸壁でサビキでアジ狙いでした。最高で77匹釣ったこともあります。

もうアジ釣りに行かなくなって5~6年経つでしょうかねぇ。

釣り道具一式は小江戸の自宅に置いてきたのですが、今回小江戸に戻ったときに道具一式を大阪に持ってきたんです。

関西の釣場は全くわからないので、最初海釣り公園に行こうかとも考えました。

でも、現在のお家からどのくらいのところに釣場があるか8/20偵察に行ってみました。

今回は初めてなので、神戸くらいまでで探してみました。

で、芦屋にこんな場所がありました。

ずーっと久しぶりに釣りがしたくなりました。

120819_1

海釣り公園みたいに岸壁に柵がありますが、ずーっと続いているので、場所取りに苦労することはなさそうです。

この日は日中だったのですが、この程度の釣り人の数です。

マヅメ時でもギッシリということはなさそうでした。

但し、水はきれいではありませんし、工場などの無機質な感じもあります。

神戸の突堤まで足を延ばしましたが、コレッていう釣場がなかったです。

神戸の突堤では、昔埼玉に住んでいたという方がいて、関西の釣場について少しだけ教えて頂きました。

やはり、水がきれいになるのは明石より西なんだそうです。

それ以外にも教えて頂きいろいろと勉強になりました。

120825

で、8/25に先週偵察した芦屋の某所に行ってみました。

この日は小潮で、18時頃が満潮でした。しかし、干潮との差が僅か6センチと干満の差が殆どない状態です。

16時過ぎに現地着。かぱちと鶴ばばも一緒だったので、2人の竿を作ってあげて、エサを用意しました。

120825_1

先週来たときには、サッパが上がってましたし、この時期ならアジも必ず回ってくるだろうと思い、サッパは『ままかり』に、アジは『なめろう』、『タタキ』、『南蛮漬け』にしようかなどと、取らぬ狸のなんとやらで、5年ぶりのアジ釣りを楽しんでいました。

まぁ、マヅメは6時過ぎだろうし、日が落ちた直後あたりが爆釣タイムかな?なんて考えていたんです。

アジが回ってくる前にサッパを何匹か上げたいところですが、竿がブルブルきません。

日が暮れかかってもダメでした・・・

やっちゃいました。ボーズでした!

しかし、念のために言っておきますが、この日回りの人達誰一人として魚を上げている姿を見ることはありませんでした・・・(T_T)

埼玉の自宅から千葉の勝浦まで高速使って片道3時間。

しかし、芦屋の某所なら小1時間です。近いうちにリベンジしますです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

潮干狩り

たかちのホームグランドを出発して、1時間半くらいで潮干狩り場である富津海岸に到着。

さすがに6時半過ぎに駐車場に入れたので、入口からすぐのところに車を停めることができました。

今日は8時半からのスタートなので、まだ2時間くらいあります。

090607_6 まずは入場券を先に買ってしまいます。

結構並んでいるのですが、15分くらいで券が買えました。

潮干狩りが出来るまで、まだ1時間以上あるので、車の中でウトウトしていました。

8時半過ぎにいよいよスタートです。

0906072_3 まだ完全に潮が引ききっていません。

たかちはかかとがホールドされるサンダルを履いているので、少し海の中に入ってホジホジします。

かぱちは長靴なので、完全に潮が引いたところでホジホジします。

アサリはとっても小さいです。

090607_7 その替わりに2~3cmのハマグリがたくさん取れます。

ここ数年はアサリよりハマグリの方がよく取れるのです。

でも、アサリの方が美味しいんです。

たかちは6年前から毎年ホジホジしていますが、最初の頃はアサリの方が多かったんです。

多分北朝鮮からの輸入アサリが入らなくなり、アサリの単価が上がったのだと思います。

それに、2kg以上掘る人が多いので、同じ大きさなら、貝殻の厚いハマグリの方が重量も稼いでしまい、料金も高くなるからだと思います。

う~ん・・・(これはたかちの勝手な想像ですが・・・)

たかちもかぱちもめげずに、ちいさいアサリも2kg掘りました。

で、結局アサリとハマグリを2kgずつにしたところで終了~!

090607_8 出口に向かいます。2時間近く中腰になっていたものだから、腰が痛いこと痛いこと・・・

出口付近から潮干狩り場を見ると、たっくさんの人達がホジホジしています。

さて、出口を出て最初にするのがきれいな海水で貝についた砂を洗い落とします。

090607_9 ちゃ~んと、貝を洗う水槽が用意されているんです。

ここで洗えば貝もきれいになります。

ジャブジャブ・・・

090607_10 そして、ホジホジする前にこのタンクから、きれいな海水をクーラーボックスに入れておいたので、そのクーラーボックスの海水に、先ほど砂を洗い落とした貝を浸します。

こうしておくと、お家に帰るまでの間に、貝は殆どの砂を吐き出してくれるんです。

その他に海水でベトベトになった足を洗う水道もたくさんあって海水と砂をきれいに落とせます。

さて、ここで貝の持ち帰り方のタブーをお教えしますね。

それは、貝を海水に浸すとき、絶対に氷を入れてはいけません。

魚などは、氷で〆ておかないと、傷んでしまいますが、貝は常温の海水じゃないと砂を吐いてくれないんです。

魚は死んでいますが、貝は生きているんです。潮が引いた砂地の温度は結構高いです。

その砂に潜っていても生きているんですから、常温の海水でいいんです。

もう一つのポイントは、自宅に戻り貝を調理するときは、水道水で貝のぬめり気を十分に取ったら、ザルにあけてから、1時間くらいおいておきましょう。

その間に貝の体内にあった海水を吐き出してくれます。

これを怠ると、しょっぱい料理になってしまいますよ。

090607_11 で、本日のかぱたちたかちの成果は、こんな感じでした。

二人で食べるには結構な量です。

090607_12 今日は焼きハマとアサリバターならぬ、ハマグリバターにして食べました。これがまたビールに良く合うんです。

翌日は、アサリの味噌汁とボンゴレにして食べました。

最後にもう一つ豆知識を。

それは、アサリやハマグリは、冷凍しておけば日持ちします。

基本的には冷凍などせずに食べてしまうことが一番ですが、一度凍らせても、そのまま味噌汁の具にしてもちゃんと貝は開いてくれます。

でも、できる限り早く食べてくださいね。たかちの場合は、一週間以内に食べてしまいました・・・って食いしん坊なだけ?

さて、潮干狩りも終わりましたが、まだ10時半。

もう一度房総半島を南下して、おいしい海の幸を堪能することにしましょう。

続きはまた今度です・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久しぶりの釣行へ!

土曜日は、本来であれば潮干狩りの日でした。

しかしながら、雨の確立が90%もあったので、金曜日のうちに早々と中止が決定していました。

いざ、土曜日になってみると、前橋は午前中からピーカンに!

かぱちもたかちもお家から出たくてウズウズしています。

かぱちは、2年間行けていないたかちのアジ釣りに行こうと言ってくれました。

たかちとしては、もう釣り方も忘れてしまった感じでイマイチ乗り気ではなかったのですが、このままお家でモンモンとしているよりは、思い切って出かけてみようということになり、いざ出発。

夕方には現地に到着して、夕マヅメ狙いで竿を出し、翌朝の朝マヅメまで釣るつもりでした。

翌日は潮干狩りもするつもりだったので、スキンケア用品などを買う為に寄り道しながらだったので、午後2時にお家を出たのに、外房のとある漁港に到着したのは午後7時頃。

最近の釣果は厳しいらしくあまり釣れてなさそうです。

しかし、とりあえず2年ぶりに竿を出すことに。

まずはかぱちの竿を釣れる様にしてあげてから、たかちの竿を作り始めます。

作っているうちにかぱちがアジくんをゲット!

もしかしたら爆釣かも・・・などとウキウキしながらたかちも投入!

しかし、その後は続きません。

090606_2 遠くにホテル三日月が見えてます。

最上階は大露天風呂と食事処でもあるのでしょうか。

今日は、全館満室に近いくらい、どこの部屋にも明かりがついていました。

あまりに当たりがなく、することもないので、ビールなどをプシュッとしながら続けると、ようやくたかちにもあたりが!

あの遠くに浮かぶウキがズボッて海面に消える瞬間が大好きです。

来た~~~~~っ!

その後も1時間に1匹程度、12~15センチのアジが釣れます。

釣果を捌くのが大好きなたかちは、タタキとなめろうと南蛮漬けと・・・etc

などと想像を膨らますだけ膨らまします。

090606 しかし厳しい現実・・・結局4匹しか釣れませんでした。

かぱちは午前0時に睡魔の為ダウン。

たかちは缶ビールなど7本飲んだ午前3時でエサ切れの為に撤収を余儀なくされてしまいました。

あの後、朝マヅメには入れ食い状態があったのでしょうか?

さぁ、次の潮干狩り会場に移動しましょう。

たかちは、久しぶりに完徹してしまいました。

潮干狩り編は、またにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

あんみつ | いか焼き | いがまんじゅう | うどん・そば | うなぎ | おでん | おにぎり | おみやげ | お刺身 | お好み焼き | お弁当 | お花見 | お茶漬け | お菓子 | お酒・飲料 | お鍋 | かき氷 | かりんとう | かりんとうまんじゅう | くず餅 | しゅうまい | その他 | その他スイーツ | たい焼き | たこ焼き | だんご | とんかつ | どら焼き | ぬいぐるみ | はちみつ | まんじゅう | もつ煮 | やき豚 | ゆべし | わらび餅 | アウトレット | アーカイブス | カキ料理 | カステラ | カレー・シチュー他洋食 | キャラクター | ケーキ | コストコ | コーヒー | シュークリーム | ステーキ・ハンバーグ | スーパー | ソフトクリーム・アイスクリーム | チョコレート | チーズ | テーマパーク | デリカテッセン | ドライブ | ドーナツ | ハンバーガー | バイキング | バーベキュー | バームクーヘン | パスタ | パン | ピザ | ファミレス | ファーストフード | フルーツ | プリン | ラスク | ランチ | ラーメン | レモン牛乳 | ロールケーキ | ワイン | 中華料理 | 串かつ | 丼物 | 二郎系 | 五木ひろし | 京都 | 佃煮 | 味覚狩り | 和菓子屋 | 和食・懐石 | 四国 | 四国銘菓 | 夜景・ライトアップ | 大学芋 | 大福 | 天ぷら | 奈良 | 宅配 | 寄席 | 寿司 | 居酒屋・バー | 御朱印 | 惣菜 | 手づくり | 摂津三十三所観音霊場 | 散歩・ハイキング | 旅行 | 最中 | 松茸 | 水ようかん | 海産物 | 温泉 | 漬物 | 焼きそば | 焼きとり系 | 焼きまんじゅう | 焼き芋 | 焼肉 | 煎餅 | 牛たん | 生クリーム大福 | 神社・仏閣 | 紅葉 | 羊羹 | | 花火大会 | 芸術 | 西国三十三所観音霊場 | 調味料 | 讃岐うどん | 豆腐 | 豚まん | 遊覧船 | 道の駅・直売所 | 釣り・潮干狩り | 釣果で料理 | 鉄道 | 飛行機 | 餃子 | B-6君 | B級グルメ